かなりどうでもいい追記

 この前の日記、あまり過度の表現もどうかなと思って「じり貧の様相」などと書いたわけなのだけど、その翌日には行政をあずかる人が明確な敗北宣言を口にしたわけで、変に躊躇しないで素直に「連敗っぷり」と書いておけばよかったと思ったしだい。

| | コメント (0)

七月に読んだ本2021

 コロナに打ち勝った証とか宣って開催した大会で世界中から人を集めて、その目の前で毎日毎日じり貧の様相をお披露目してるっていうのは、どういうコントなのでしょう。
 とか言うてる間に8月です。
 新メンバーが加入して新曲が発売されてそのMVが公開されて次のライブが決定してと怒涛の展開に情緒がえらいことになってたりするのですけど、そんなこととは無関係に7月に読んだ本です。

13.菅浩江「歓喜の歌 博物館惑星III」
14.小林泰三「ドロシイ殺し」
15.劉慈欣「三体」

 アステロイドベルトから地球のラグランジュポイントに運んできた小惑星に世界中の美にまつわるものを集めた博物館惑星(衛星ではと思わなくもない)を舞台にした短編連作シリーズの3冊目の13。前巻から続いてきた兵藤健を主人公にしたシリーズの完結編かと。美とは何ぞやという話をいろいろな角度から書きながら、大きな犯罪にまつわる物語が展開していく。謎のままだったあれやこれやがすっきりして、博物館苑惑星の50周年イベントで終幕。安定した面白さ。
 メルヘン殺しシリーズの3冊目である14。今回はオズの魔法使いを題材にしています。相変わらずちょっとおかしなというかそれなりにグロテスクな人達がわらわら登場します。読みやすい作品なだけにクラクラする感じはいっそう濃いかと。にしても、毎回毎回感心するのですけど、題材とした作品にまつわる要素をこれでもかと詰め込んで成立させるとかとんでもなくすごいです。今回は、映画に関係する現実でのできごとまでおりこまれてた。そして、小林泰三作品では他作品の登場人物が登場するのも常で、今回は氏のデビュー作である「玩具修理者」の姉妹が登場します。
 世界レベルで話題になって日本語訳版が出版された2019年には日本のSF界隈では大ニュースの嵐が吹き荒れた(はずなのだけど、その外側では無風な感があり、いろいろと考えてしまったね)中国SFの傑作である15。今年3部作すべてが出版されたのでようよう読みはじめた感じです。400ページ超で物語の前提条件が提示されただけなんじゃないかという感じなので感想も述べづらい。とはいえ、一つの物語が展開され一応の結末には至ります。ホラーサスペンスみたいな話が実は宇宙レベルのSFなんだよとフェイズシフトしていく話だったかと。ともあれ続きが気になるので読んでいきます。

| | コメント (0)

午前中は寝てるしゴールデンタイムは配信を見てるし

 日ごとの感染症の新規感染者数が増えているわけですが、大会開催前に開催反対者達が危惧した通りであり、開催賛成者たちも「オリンピックがはじまればみんな忘れる」という主だった主張どおりの展開なわけですから、何も驚くことはない推移だと感じています。
 そんな中で、都知事が「単身者は自宅も病床と考えろ」という、独り者は孤独死してでも感染拡大や病床圧迫という数字を増すようなことはするなとしか受け取れない放言をしたことの方がびっくりです。一人暮らしでどうやって病状急変に対応しろと? ていうか、食事すらままならないよそんな状況になったら。

 なんか、どこかの「政治家がオリンピック開催に反対していた人たちは、リンピックを応援する資格がない」的なことを言ったとかなんとか。何をどうして資格を問えるのかがよくわからないのですけど。ていうか、この人は今までの活動からしてみすみすロシアに北方領土をうばわれつつある政府にこそ何か言うべきではないのかと。いや、余計なお世話です。
 そもそも、感染症が世界レベルで流行している中で人の流れを抑制するべきであり、世界中から何百という人達が移動してくる大きなイベントは今行なうべきではないという主張をしていた人達が、今現在感染症の拡大に関与しないように外出を控え家でおとなしくテレビを見ているというのは何らの矛盾もないと思うのだけれど。
 むしろ、こんなに感染症が蔓延している都市に世界中からアスリートを集めて押し込めるているような人達が「お・も・て・な・し」とか「アスリートファースト」とか宣っていることの方がはるかに不思議です。
 何の憂いもなくすべての選手が活躍でき誰もが笑って応援できる状況になるまで大会は延期するという判断こそが、おもてなしの精神でありアスリートファーストだと思うのですけど、違うんですかね。

 とかいう僕自身は、あまりオリンピックを観ていません。
 別に思想信条とかを理由にしているわけではなく、単純に生活サイクルに時間が合わないから。
 今現在スポーツ観戦のプライオリティが低いっていうのも理由かも。元々、すごいことをする人達がすごいことをするのを観たいから誰かとかどこの国の人かとかどうでもいい人間なので、エンタテイメントとして同列な感じなのです。で、今はスポーツよりもこっちがっていうものがいくつかあると。
 そんな感じです。

| | コメント (0)

つらつらと寝言のように

 とんと外に出ていない。いや、食料品やら消耗品やらを買いに出るので、一歩も外に出ていないわけではもちろんないのだけれど、遠出というものをしばらく全くしていない。結局石川町にも行かずじまい。
 きっかけは当然のごとく感染性ウィルスの蔓延を忌避するところにあったわけだけれど、今はもうそれよりも出不精とか引きこもりとかをこじらせているだけでしかないなと。
 長いこと散髪に行かずに伸び放題になっていた髪も、過日自分で切ってしまうしまつ。誰に会うわけでもないし多少不格好でもかまわなかろうと。接する人なんて、お店のレジ係か宅配便の配達員くらいのものだから。
 そう言えば、今月は予期していない宅配便に起こされることがしばしばあった。お中元だったりフランス語版のコミックスだったり英語版のペーパーバックだったり。同じ会社からだけれど部署が全部違ったのがなんか面白かった。
 そんな自堕落な日々。

 てゆーか、IOCってさ、故人になった有名作家の遺族みたいじゃね。どちらのことも正確に知ってるわけではないので、あくまで遠くから眺めている印象として。

| | コメント (0)

六月に読んだ本2021

 わざわざ書いて残しておくほどのことでもないかなどと思って日記を書かずにいたら随分と間があいてしまいました。早いもので今年も半分が終わってしまいましたが。
 そういえば先月の半ばころだったか、ものすごく久しぶりに新聞勧誘の電話がありました(訪問が電話になってるあたりが情勢をあらわしている気はします)。曰く、せっかくの東京オリンピックなので新聞をとりませんかと。
 それが売りになるのだと判断されるのだということにも驚いたのだけど、まだ中止だ再延期だという話が出ていた段階でのことだったので、ああ開催は決定しているのかなどと思った記憶があります。
 まあ、個人的なことを言うと、今の状況がどうこうは置いておいたとしても、8年前にトルコではなく東京が選ばれた瞬間から間違ってるだろうと思っているので、今更どうこう思うところはあまりなかったりします。ていうか、あの時のプレゼンの文言ですら何も達成されてないんだから、価値をはかる以前の問題だとすら。
 などという話とは無関係に6月に読んだ本の話です。

11.矢崎存美「繕い屋 月のチーズとお菓子の家」
12.日本SF作家クラブ編「ポストコロナのSF」

 今月も2冊でした。アンソロジーは一編読むたびに噛みしめる間があって時間がかかるので、こんなものかとも。
 人の夢の中に入り悪夢の素を料理して人の心の傷を癒す平峰花と猫のオリオンを中心にした短編シリーズの11。日常に疲れ傷ついた人たちが不思議な存在と触れ合ってその傷を癒すという構造は、同じ作者のぶたぶたシリーズと似ていると言えなくもないかと。それが安定して面白いというのは、それだけですごいことかと。
 感染症により人々の間に物理的に隔たりが生まれ生活様式に大きな変化が生じてしまった現実の中、どんな未来をどんな世界を想像し描けるのかというSFアンソロジー。19人の作家による19の短編と去年から今年にかけて現実のSF作家クラブでの出来事が書かれた手記的なものの計20の作品が収録されています。前提が前提なのである程度近い感じがする部分があるのはしょうがないわけだけど、でもすべての作品がまったく違っている(いや、アンソロジーとして当たり前のことではあるわけだけど)。個人的な好みによる優劣がつくことはあれど、どれも充分に面白くって眩暈すら覚えるほど。堪能しました。
 だからこそいろいろと考えることもあったりするのだけれど、それはまた別の話ということで。

| | コメント (0)

五月に読んだ本2021

 どうやら僕は本を読むのが……というか、文章を読むのが遅いらしいと気づきました。今更って話なんですけど。
 僕が文章を読む速度っていうのは概ね少し早口で音読するくらいの速さで、それ以上の速さで読むのはなかなかに難しい。どんなに頑張っても、発声できる以上の速度にはならないと思います。きっと、頭の中で音読しているのだと思います。
 みんなそうなのだろうと思っていたのだけれど、実はそうではないらしい、むしろそうでない人の方が多いのかもしれないと最近知った感じです。
 いや、読書量が少ないのは、速度よりも読書に割く時間の少なさのせいなんですけど。
 て感じで五月に読んだ本。

9.大崎梢「宝の地図をみつけたら」
10.近藤史恵「震える教室」

 子どものころに祖母たちがする埋蔵金の眠る隠れ里の話を盗み聞きし、手製の地図を手掛かりに幻の村を探した二人の少年が、20歳になって再びその隠れ里を探すという9。そこにいろいろな思惑が入り乱れて的な冒険ミステリです。武田信玄家臣の穴山梅雪の埋蔵金探しを主軸に山梨の山を舞台に物語は展開していくので、この山をどれくらいうまく想像できるかが楽しめるかどうかの肝な感じがありました。(僕が読んだ範囲の)大崎梢にしては珍しく、悪い人がやたらと出てきます。
 大阪にある歴史ある私立の女子高を舞台にした短編連作ホラーの10。端正なホラーです。古い学校にひそむ怪異に遭遇する6つの短編で、とても面白かったです。きちんと何かが解決してめでたしめでたしみたいな話ではないのですけど、すっきりと話として成り立っていて、嫌な感じ(ホラー的な意味ではなく)はなく楽しめます。ただ、エピローグだけはどう解釈したものかつかみきれずに、ちょっともやもやしています。そういう装置なわけで、思う壺って感じで堪能たって話ですね。

| | コメント (0)

よしなしごとつらつら

 あゆみくりかまきが来月で活動を終了するらしいことを今更知った。
 初めて知ったのが、ヤンガンのマンガに突然登場したときだったか、TVKのSakuSakuでだったか忘れてしまったのだけれど、とにかくくりかまきがあゆみくりかまきになる少し前だったと思う。
 ファーストアルバムが出るくらいまではそれなりに見ていたのだけれど、その後突如としてクマでなくなってびっくりしたくらいから見なくなってしまった感じ。元々熱心に追いかけていたわけではなかったし、何より人の姿になってしまったら認識しづらくなってしまって。曲は独特で好きなんですけどね。
 そんな程度の人なのだけどラストシングル「サチアレ」を聞いて、ちょっと泣いてしまった。

 相変わらず通販サイトやらカード会社やらを装ったフィッシングメールがよく届くのだけど、今日はじめて普段よく使っている通販サイトからのが来た。送信者のドメインが「.cn」だったりして明らかに詐欺メールなわけだけど、常用しているサイトの名前でくると一瞬何事かと思ってしまったよね。フィッシングメールに不慣れなタイミングで来ていたら危なかったかもしれないと思わないでもない感じです。

 と、迷惑メールが多数くるような状況下だと当選通知のメールとか来ても一回疑ってしまうよね。そうでなくても疑いがちなんだから。
 でも、たぶん嘘じゃないみたいです。3月放送のじぇむかんTVのレイカさまのウルトラプレミアムオリジナルメッセージボイス当たったみたいです。震えが止まらない感じです。
 しかし、何を言ってもらえばいいのでしょう。あれこれ考えてるんですけど凡庸すぎて自分が情けない。つか、30字って意外と短い。

 今日のゲームセンターCXで今シーズンからPS2とゲームキューブとGBA解禁と発表がありました。20年ですって。
 上記ハードはレトロゲームですって。軽く眩暈を覚えました。歳をとるわけだ。

 などなど。

| | コメント (2)

おうちGW

 まあ、いつもどおりの平常運転なわけなんですけど。

 概ね「ニーアレプリカント1.22(以下略)」をやっていました。ユーチューブの配信なんかをみながらだらだらと。
 とりあえずEエンドまで終了。ああ以前語っていた元々の構想が形になったんだな思いながら、その途中で表示物がどこかで見た感じのものに変わったことに笑い転げた感じで。
 その後、「光速ファイター」のトロフィー獲得に挑戦。オープニングからAエンドまでを15時間以内にクリアというもの。さすがにシビアなんじゃないかと思ったのだけど、イージーでスキップできるものはことごとくすっ飛ばしてプレイしたら7時間でクリアできました。けっこうなへたくそプレイだったのだけどね。
 で、現在は三回目のプレイ中。少年期のクエストをとりこぼしていたらしくクエスト達成率が100パーセントにならなかったのと、ボスタイムアタックのトロフィーがいくつかとれていないので再び頭からゆっくりと。クエストをこなしながら鷲の卵のために崖の村を行ったり来たりしていたらすでに二回目のプレイ時間を越えてしまっている感じ。不毛だと思わなくもなくはない。

 ニーアがらみでもうひとつ。
 リィンカーネーションのレプリカントコラボガチャ、カイネさんを引くことができませんでした。くそっ。

 すこし前のことになってしまいますが、4月のじぇむかんTVのことも。
 プレミアム限定のアフターコーナーでアキネーターみたいなゲームが行なわれまして。ざっくりいうと、お題となる単語を視聴者が投稿して、スタッフがその中から9個をピックアップして、9択の視聴者投票で一番多かったものが問題になって、それを3つの質問であてるってやつなんですけど。
 これの3問目ポン姉が回答者のターンなんですけど、問題になった「こんにゃく」って、僕書いたんですよ(僕だけが書いたのかどうかはわからないから、自分のが選ばれたとも思ってはいないのだけど)。
 少し前にポン姉がこんにゃくパークを配信で紹介してたし、ツイッターにパークのこんにゃく料理の写真をあげてたし、無関係ではないのだけど、いささか距離がありすぎて悪問だと思いもするので、少し言い訳をさせてほしいの。
 本当は「こんにゃくぱーく」って入れるつもりだったの。なんだけど、こんにゃくまで入力した辺りで、マヤたそが「こんにゃくパークとか」って言い放って、読まれてるやべってなって、「こんにゃく」で投稿しちゃったんです。マヤたそが鋭すぎるのがいかんのです。

 そんなこんなで、家でごろごろしつづけてる感じです。

| | コメント (0)

四月に読んだ本2021

 髪を切りにいかないとなと思ってから、もう二か月くらい経ってる気がします。て話を定期的にしている気がします。
 電車に乗ってっていうのを避けたい思いがあるので(なんか最近、さんざん電車を使ったきがしなくもないけど)、どうしても腰が重くなる感じです。
 しかし、密を回避するのに電車の本数を減らすっていう発想はどこをどうやったら出てくるものなんでしょうかね。前のGOTOのときにも思ったんですけど、今あちこちの舵取りをしている人たちって、みんな基本的な算数ができないんじゃないかって気がします。
 というわけで、今は家にこもって本など読んですごす感じで、4月の読了本です。

7.小林泰三「クララ殺し」
8.小林泰三「殺人鬼にまつわる備忘録」

 とかいって二冊だけというね。
 二冊とも小林泰三ですけど、たまたまです。
「アリス殺し」につづくメルヘン殺しシリーズ(というらしい)の二冊目である7。ネタバレを回避しようとすると何が書けようかというくらいに、仕掛けとたくらみに満ちた作品でした。とりあえず、タイトルから想像するものとは絶対に違うものだとは断言できるんじゃないかと。で、いつものいささかグロテスクなファンタジーかと思いきやけっこうしっかりミステリしているという。とても面白かったです。
 小林泰三作品のいくつかに、前向性健忘で記憶の維持できない人物として登場する田村二吉を主人公とした8。やはり前向性健忘症の田村は、数十分しか記憶がもたない。重要なことはノートに書き留めているのだけれど、その中に自分が殺人鬼と戦っているという記述があった。という内容。この殺人鬼という人物視点のパートがときおり挟まってくるんですけど、これがすがすがしいほどの悪人で、そのひどさ故読み進めるのにけっこうなカロリーが必要だったんで読むのに時間がかかってしまったのでした。しっかりとしたサスペンスで面白かったんですけど……最後のこれは? 最後の最後にあっけに取られて本を閉じさせるとか、つくづく意地の悪い作者だと思います(誉めてます)。件の殺人鬼の描写なんかがあるんで人に勧めづらい感じではあるんですけど、面白かったです。

| | コメント (0)

衝動的に動いてしまうこともある

 21日夜、「完売していた商品を再入荷しました」というヴィレッジヴァンガード渋谷本店のツイートを目にする。
 ざわざわと落ち着かない感じになる。
 22日午前、結構早めの時間に宅配便に起こされる。
 思い立って、その勢いのまま家を飛び出す。
(おそらく一般的には)不要不急な用事で都内に来てしまいました。

 というわけで、先日買えなかったいくつかのグッズも無事購入できました。
 特典の栞もいただけました。
 必要な買い物だけしてとっとと帰路についてしまったので、現地滞在時間は15分程度だったかと。移動時間との比率が20:1くらいな感じだけど、まあよし。
 しかしあれですね、同じ穴の貉なんでどの口が言うのかって話なんですけど、こんな状況下にあっても平日の昼間から渋谷は人が多いです。感染云々を抜きにしてもちとしんどい感じです。

 特典の栞なんですけどランダム配布になっていて、レジで店員さんが裏向きの状態で一枚ずつ必要枚数抜き出して渡してくれるという形でもらったんですけど、どうやら8人のメンバーが1枚ずつローテーションで入っているのがデフォルトの状態らしくて、もらった栞を見たらきれいに順番に並んでらっしゃいました。良心的といえば良心的なわけですけど……いいんでしょうか?

 そういえば、朝受け取った宅配便もネットで勝ったニーアレプリカントだったわけで、なんか購買行動がすべてどこかのでたがりおじさんの掌の上な感じがあります。というか、ずっとそんな状態な気がします。

| | コメント (0)

«昔からのろのろとした人間だもので