« ふいに蘇る遠い日の記憶 | トップページ | 本の前では一読者であるといいわけしながら »

満天の星の下で

 俺さ、星になるなら天の川の中の星の一つになりたいと思う。
 星座? 興味ない。うん、そう考える人もいるんだってのはわかるけどさ。
 確かに、アルタイルとかベガとかデネブとか確かに名前があるし、わし座とかこと座とかはくちょう座とかは有名だとは思うよ。夏の大三角ってのもあるね。
 でもさ、その名前も連なりもどこかの誰かが勝手に作ったものじゃん。星そのものとは何の関係もない。
 それに、こうして見あげたときにどれがわし座でアルタイルなのかなんて、知ってる人にしかわからないじゃない。
 でもほら、天の川はわかる。天の川とかミルキーウェイって名前を知らない人にだって、星が連なり大河を作ってるって感じられるだろ。
 そんな連綿とした大きな流れの中に自分があるんだと感じられることの方が、遥かに価値があることだよ。きっと。

|

« ふいに蘇る遠い日の記憶 | トップページ | 本の前では一読者であるといいわけしながら »

創作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 満天の星の下で:

« ふいに蘇る遠い日の記憶 | トップページ | 本の前では一読者であるといいわけしながら »