« 本の前では一読者であるといいわけしながら | トップページ | 表題どおり »

『ヤギと男と男と壁と』

 いつもの通りにいつもの知人某氏に誘われて映画の試写会に。
『ヤギと男と男と壁と』を見てきました。
 分類すると、たぶんバカ映画になるんだと思うのだけど、米軍の超能力部隊という大前提に目をつむって筋だけ抜きだすといがいと普通なお話な気がしないでもない。戦争を皮肉っている映画のような気もしなくはないのだけど、毒らしい毒はない感じ。
 要約すると、ヤギを殺して、ヤギに助けられて、ヤギを助ける話です。タイトル通りヤギまみれな映画です。少し嘘をつきました。ジェダイの戦士のお話です。
 けっこう最後の方まで物語の行き先が見当たらないのが少しばっかつらかったですけど、トータルでは面白かったです。

|

« 本の前では一読者であるといいわけしながら | トップページ | 表題どおり »

映画の感想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『ヤギと男と男と壁と』:

» 映画「ヤギと男と男と壁と」超能力って信じる? [soramove]
「ヤギと男と男と壁と 」★★☆ ジョージ・クルーニー、ジェフ・ブリッジス、ユアン・マクレガー、ケヴィン・スペイシー 出演 グラント・ヘスロヴ 監督、94分 、2010年8月14日公開、2009,アメリカ・イギリス,日活 (原題:THE MEN WHO STARE AT GOATS)                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← 「新聞記者ボブ・ウィルトン(ユアン・マクレガー)は 離婚の痛手を... [続きを読む]

受信: 2010年8月31日 (火) 20時00分

« 本の前では一読者であるといいわけしながら | トップページ | 表題どおり »