« 人を斬るときこそ優しさを忘れてはならない | トップページ | まずは鏡を見て深呼吸 »

ちょっと目にしてしまった文章に関して元の文章を引用もせずに感想を述べる

 重苦しい上に自分の頭の悪さを露呈しつづけてる感があるので、バカはバカらしくテレビの感想でも書こうとか思っていたのですけど(アタック25にどれほど児玉清が大事であるかとか、二匹目のドジョウはやっぱりいないようだぞ浅井三姉妹とか、そんなことを)、たまたま目にしてしまった糸井重里氏のツイートに関して書いてしまう。
 本当に、その一つのツイートしか見ていないので、どういう流れでそんな発言をしたかとかまったくわからないのですけど、ようするにあれは「頭に血がのぼってる人の味方にはなれない」っていうことじゃないのかと思う。それをイトイ的な文にするとああなる的な。
 この人って、柔軟なように見せていて根っこは昭和の頑固おやじなんで100%賛同はできないんだけど、これに関してはある程度同意する。
 僕も頭に血がのぼっている人と「正義」や「常識」を振りかざす人の味方には絶対になりたくないと思っている。いや、そういう人とは敵対しても面倒くさいんで、極力関わりあいになりたくないんだけど。
 本質をつかんでいたり、その先を見据えていたりする人というのは、どこかしら穏やかだったりしなやかだったりすると思うわけです。

 ってまあ、子どものころから糸井重里見てるしファンだったりもするんで、どこかしら贔屓を引き倒してると自分でも感じますが。
 つか、本当に何の話かわからんよね。

|

« 人を斬るときこそ優しさを忘れてはならない | トップページ | まずは鏡を見て深呼吸 »

たわごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ちょっと目にしてしまった文章に関して元の文章を引用もせずに感想を述べる:

« 人を斬るときこそ優しさを忘れてはならない | トップページ | まずは鏡を見て深呼吸 »