« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月

本人の目には入らないとわかりつつ

 つい言った……もとへ、ツイッターなるものをやっていないので、ここにひそやかに記す。
 違いますよ、豊崎さん。「バレエ・メカニック」が2位だったのは、去年じゃなくて一昨年。去年は、「瑠璃玉の耳輪」で8位でした。
 ていうか、闘うベストテン唯一の皆勤賞なんじゃないか、津原氏。毎年、石井千湖さんが強く推してる印象があるね。

 てなところで、皆様よいお年をお迎えくださいませ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

仕事おさめ的な二日間

 火曜水曜と二日続けて新宿へ。その間は実家に二泊。で、いましがた帰ってきたところ。かなり体力を使った気がします。

 火曜は今年最後の打ち合わせ。
 月曜に浴びたショックを解消するために七転八倒。どれだけのたうち転げ回ろうと、どこかに向かって動いている状況にあるときは楽しい。いや、苦しいことには変わりないのだけど。仕事の事なんで詳細は割愛。

 水曜はスクエニのパーティ。今年のゲストは、荒巻陽子さん。ここ数年で一番ツボに入った感じ。
 何か、色々な人の思惑なんかに触れてきたような。多くの発見といくつかの自戒を胸に。
 そう言えば、聞いた話に大きなショックを受けたせいで機を逸し、Mさんに名刺の件を謝りそびれてしまった。それが唯一の心残り。
 これは今年やり残したこととして、お腹の奥に居座る気持ちの悪さとは次の機会まで付き合っていこうと思う。

 そうそう。思いだしたので、一つ追記。
 別段、ゲーム禁止令を受けたわけではありません。あくまで、「ゲームはやめた方がいい」という忠告というか指導を受けたというだけの話です。僕ではなく、そう言った人に対する誤解が生まれそうなので一応訂正。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

胃がキュ~ッて

 この年の瀬も押し詰まってきた時に、なんかもうとんでもなくしんどい状況に陥り、激しく気持ちが悪くなる。ある程度の諦観を持って臨んではいるもの、これはさすがにちょっと……。吐きそう……嘘です。体質的に、こういうときは腹が下ります。
 とりあえず気持ちを落ち着けようと思い駅前まで買い物に出る。ついでに、コカコーラの携帯サイトのハピクエでもやって気晴らしをとぶらぶら歩く。ていうか、コカコーラのベンダーの多さに驚いたんですけど。
 ただまあ、そう簡単に切り替えができるはずもなく、大型スーパーのトイレに駆け込むことに。
 今も軽い眩暈を感じるし、タイプミスが多いし、ちょっとダメっぽいかも。てことで、早めに寝てしまおうと思っているしだい。って、寝たところで状況が変わらなきゃどうにもならないことなわけだけど。

 その後、夕飯を食すも、腹はすいているのになかなか嚥下できないというありさま(唾液が出ない)で、いつもの量の夕飯を食べきるのに3時間近くかかってしまった。小学校の給食を思いだしてしまった。

 と書いている最中に担当氏から電話が。とりあえず、ここから何とかなってってくれればいいのだけれど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

めり~くりすます

 とかいいながら、今明石家サンタをやっているを目にしてイブなのだと気づいたしだい。
 郵便受けをのぞいたら、一日早いクリスマスプレゼントが届いてました。って、尾崎翠フォーラムの報告集なんですけど。
 まだざっと目を通しただけなんだけど、やっぱり俺場違いやろ。参加者の声ってさ、もっとたくさんの人が書くものと思ってたんだけど、二人だけじゃないですか。しかも、もう一方の方は書いてしかるべき人で、内容もきちんとしてるというね。総じて、僕の頭の悪さが目立つ感じで。紙面よごしてるなぁとつくづく思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

これも年中行事

 本日(日付的には昨日)は仲間内の忘年会。両国で四川料理を食してきました。

 行き慣れない場所だったこともあって、駅から店の道のりで少々迷う。つか、曲がり角をひとつ間違える。目の前に現れたランドマークと地図とを照らし合わせ、行きすぎてることに気づき引き返したところ、前方に見覚えのあるバッグ――というか、見覚えのあるチャック――が。地図を凝視していたかと思うと、僕が引き返してきた方へ歩きだした。
「そっちじゃないと思いますよ」思わず声をかけてしまったよ。
 てわけで、美人と連れだって店に入っていったと。そんなはじまり。

 値段が手ごろなのに、味も量も満足感のあるよいお店でありました。
 食事してお酒飲んでしゃべりたおして、忘年会恒例のプレゼント交換して、去年打ちたてた来年の(つまり今年の)目標を振り返って、来年の目標を立てて。
 毎年毎年、来年の目標ってこの時期まで憶えてられなくてさ。その程度の目標しか立ててない……ていうか、去年立てた目標が「引っ越す」って、それはしなきゃいけないことだろ去年の俺。だから、来年の目標はちょっとビックマウスげに立てて来ました。でもきっと、また忘れるんだろうなとも思う。

 帰りはずっとワンセグでグランプリファイナルのエキシビジョンを。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

も少し今年を振り返りつづける

 時間をもてあましていたからか、うっぷんがたまっていたものか、今年の後半は恋愛小説についてあれこれ思考をめぐらせておりました。不得手なところだし、そうした訓練もしておこう的な感じで。
 これがまた、驚くほど形にならない。ていうか歪む。
 おっかしいなぁ、物語の基本はボーイミーツガールと思ってるのに(いや、ガールミーツボーイでもいいと、ボーイミーツボーイでも、ガールミーツガールでもいいとおもってるけど)。
 何なんでしょう。恋愛観が歪んでるのか、恋愛小説観が歪んでるのか。
 恋愛って要素のプライオリティが低いっていうか、それを背骨に据えられないっていうか、その術がわからないっていうか。巷には、吐いて……もとい、掃いて捨てるほどに溢れているのにね。まあ、だからこその訓練ではあるんだけどさ。
 来年中に出口――ともすれば入口――は見つかるのかしらん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ちょっと早めに今年を振り返ってみたりみなかったり

 急に厳しくなってきた寒さに負けて引きこもっているうちに、12月になってました。

 もうすぐ今年も終わりかと思ってこの一年を振り返ってみようかと自分のブログを読み返してみて、これも今年のことだったかと驚くことがいくつか。
 親不知を抜いたのとか、クイッククエンチが復刻されたのとか(いや、僕とは無関係なことだけど)、えらい昔のことのように感じます。
 ブログ的には、ちょっと息苦しい文章が多くてうっとうしい感じがしますね。加えて自分の浅はかさが如実に表れてる。

 今年はまず何より震災があって、個人的にも夏に鳥取行ったり、引っ越したり、マンガの担当さんが変わったりとそれなりに激動の年だったはずなのに、本人の印象としてはなにもない一年だったという感じ。レギュラーの仕事以外に仕事がなかったので小説を書かなかったことと、夏以降にほとんど人と会うことがなかったっていうのが大きな理由かな。
 ずいぶん長いこと毎日家でぼんやりしている気がします。早晩ぼけるんじゃないか。

 あと、今年は入ってきただけお金が出ていった感じです。少し怖いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »