« ツバメだと富を招くようだけれど | トップページ | 5月に読んだ本 »

虚構推理を読みました。

 というわけで、城平京さんの『虚構推理 鋼人七瀬』を読みました。ので、珍しく感想なぞを書いてみるしだい。

 本格ミステリ大賞受賞なんていうから、どうなってしまったのだろうと思っていたのだけれど、相変わらずだったんでほっとしました。
 キャラ造形や配置、異能のありよう、かけあいの具合、クライマックス部のたたみかけ方、人を食った設定でありながら原理主義とさえ思えるほどに理に寄って(依って)いるところ、果ては時おり混ざるノイズまで、城平京はやっぱり城平京だったぞと。
 ここまできたら、誤解を恐れず乱暴に言いきってしまってもいいかと思う。この作品は、「スパイラル」の同工異曲だと。
 そうそう。高橋留美子の人魚シリーズを事前に読んどくと入りやすいかなと思ったり思わなかったり。

 しかし、去年が「隻眼の少女」で今年がこれってことは、そういう賞……ていうか、投票者の嗜好がそういう傾向にあるってことなんでしょうかね。

 さらに話は脱線した余談になるのだけど。はじめて城平氏に会った頃、ちょうど僕は「ジャムの真昼」を読んでいて、何故だかその印象が強く残っているんです(多少なりと話題にしたのかもしれない)。それに加えて今回の受賞だもんで、受賞者二人の名前が頭の中で近しい場所に刻みこまれてしまった感じがあったりします。脳内本棚で著作が入っている場所は遠く離れてるんですけど。

|

« ツバメだと富を招くようだけれど | トップページ | 5月に読んだ本 »

読書感想文」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 虚構推理を読みました。:

« ツバメだと富を招くようだけれど | トップページ | 5月に読んだ本 »