« 2月に読んだ本 | トップページ | ティッシュの消費が激しいです。 »

わかりやすいってそういうことじゃない

 先日知人のツイッターで引用されているのを見かけた文言があまりにあまりだったので、腹を抱えて笑う。
 この人の言っていることを額面通りに受け取ると、頭を使わずに受動的に楽しめるものがエンターテイメントとして質の高いものということらしい。その論でいくと、究極のエンターテイメントは肉体に直接刺激を与える電気イスとかってことになるのかしら?
 つか、映画を見るとき何の想像力も働かさないのか、この人は。
 これがゆとりってやつか。と思って調べたら、おっさんやん。うちの師匠と同い年だよ。

 あえて僕のような者が言う事ではないけれど、エンターテイメントにおけるわかりやすさっていうのは、受け手に無用なストレスを与えずに楽しませることでしょう。技術ですよ。
 たとえば、手品師がハトを出したときに、そのハトがどこからどうやって出てきたのかが不思議で見ていて驚きを感じられるというのが、わかりやすさです。
 それに驚ける受け手は、手品師の用意した道具や手元に意識を向け、ハトがそこにいないことを認識するのです。想像力を働かせて騙される準備をしている。漫然と眺めて、「ああ、ハトが出た」と思っただけでは楽しめてるとはとてもいえない。
 文章にすると、いかにも頭の悪い説明である。まあ、元々のつぶやきがそのくらいのレベルのものだったって話なんだけどさ。

|

« 2月に読んだ本 | トップページ | ティッシュの消費が激しいです。 »

たわごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: わかりやすいってそういうことじゃない:

« 2月に読んだ本 | トップページ | ティッシュの消費が激しいです。 »