« めんどくサイ | トップページ | あいかわらずバランスを欠いたままへろへろと垂れ流す »

個人的にちょっとだけタイムリーだったような

「桐島、部活やめるってよ」を読みました。文庫版です。
 何か夏あたりにちらちらと周囲で話題にでたりして、読んだこともなければ映画も見ちゃいなかったのだけど、よくわからない前情報ばかりがぽこぽこと入りこんできてる状態で、それってよくないなと思って手に取ってみた感じ。買ったのがちょうど夏休みころだったんでフェアで並んで目に入ったこともあって。うん、帯がAKBだったよ。

 内容云々の前に作中でしゃべられている言葉が気になって、関西系のようなちょっと違うようなと、作者のプロフィールをみて岐阜なのかと思って、そう思ってみるとなるほどところどころでトミタ栞の声が聞こえる気がするわとか。
 岐阜の辺りだと大学は東京の方へむくのだねというのがちょっと驚き。中学高校時代はどっぷり関西だったこともあって、MARCHとか知ったのけっこう最近なんだよね。僕の感覚として有名私立といえば「関関同立」「産近甲龍(産近佛龍)」だったなとか。てか、そういうの愛知あたりには無いのかしらん?
 とまあ、ここまで無駄話。
 タイトル、「桐島、部活やめたらしいで」にしたほうが正確じゃね? とかどうでもいいことを思ったりはしたものの、面白かったのでよし。
 スクールカースト(って言葉ダサくね? 最初に言いだしたのだれよ)がどうとかって聞かされてたんで、ちょっと斜めに構えてたんですけど、何のことはない17歳というひじょうに中途半端な年齢の中途半端な広さの世界を描いたごくごくあたりまえの青春小説(という言いようもダサいなとは思います)でした。
 うん、でも、「ブラバン」読んじゃってたからなぁ。
 って、どっちがいいとかって話じゃなくて、それぞれの作者の年齢というか、高校時代というものとの距離感みたいなもがあって、それが作品に現れてて、それに対して読む人(今は僕)の年齢やら高校時代との距離感みたいなものがあるわけで、そのあたりのフィット感みたいなものがあったりするってこと。

 そんな中で、自分も高校生の物語を書いて。まあ、青春小説的なものだったりするのかなしないのかなってところがあって。
 おまえはどうなんだ。こういうものを読んで自分の書いたものが恥ずかしくならないのかって煩悶する感じ。
 でも、まあ、僕なりにエールと祈りをこめて必死に高校生の時間を切り取ったつもりではいるんだよ。無論、先にあげた二作品と自分の書いたものを比べるつもりもなければ、くらぶべくもないんだけれど、それでもありったけをこめたんだ。

 ……なんか、いつのまにか自画自賛をしている感じがあるのだけれど、こういうことを書いちゃうあたり、やっぱりなんかバランスを欠いてるのかもしれない。やっぱり、しばらく寝込んだほうがいいのかもしれないわ。

|

« めんどくサイ | トップページ | あいかわらずバランスを欠いたままへろへろと垂れ流す »

たわごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 個人的にちょっとだけタイムリーだったような:

« めんどくサイ | トップページ | あいかわらずバランスを欠いたままへろへろと垂れ流す »