« ハイトーンに身を浸す | トップページ | ふわふわふわく »

9月に読んだ本

 コマ大数学科が終わってしまって、これから何を一週間の楽しみにして生きていけばいいのだろうと途方に暮れている今日この頃でありますが、それはそれとして10月になったので9月の読了本の報告です。

 山田風太郎「魔界転生・上 山田風太郎ベストコレクション」
 パトリシア・ハイスミス「11の物語」
 山田風太郎「魔界転生・下 山田風太郎ベストコレクション」

 移動中に読むように持ち歩いていた本のため、読了順にならべると11の物語が間に挟まる奇妙な感じ。
 少しばっかり調子はあがり気味ではあるものの、相変わらずスローペースな読書な感じで。
 11の物語は、書かれている物語よりも、そこに至るまでの何かに思いを馳せるような構造のお話が多かった感じ。
 魔界転生は、いかんせん深作欣二のというか、沢田研二のというか、千葉真一のというか、ともかく映画版の印象が強くって、ていうか原作を読んだのがはじめてだったので、天草四郎の扱いの小ささにびっくりしてしまって……とここまで書いて、映画もきちんと見たことないことに気がついたんですけど、どうしたものでしょう。

|

« ハイトーンに身を浸す | トップページ | ふわふわふわく »

読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 9月に読んだ本:

« ハイトーンに身を浸す | トップページ | ふわふわふわく »