« 迂闊な水曜日 | トップページ | 本当に日常のこと »

10月に読んだ本

 おっかしいなぁ、もう11月だよ。予定じゃ今ごろは、もう少しのんびりしてるはずだったのに。どういうことなのかしら。
 とかいうこととは関係なく、10月の読了本の報告。

 山田風太郎「誰にも出来る殺人/棺の中の悦楽 山田風太郎ベストコレクション」
 山田風太郎「夜よりほかに聴くものもなし 山田風太郎ベストコレクション」
 朝井リョウ「桐島、部活やめるってよ」
 法条遥「地獄の門」

 山田風太郎は二冊とも現代劇のミステリー。一冊目が短編連作風の長編二作で、二冊目は短編連作。
 桐島は何日か前に書いたとおり。
 地獄の門は法条遥の二冊目。これ読んでちょっとびっくりしたんですけど、この作家ずっと同じことやりつづけてます。それは何というか、一つの必殺技で戦いつづけるレスラーみたいな感じ。なんか、すごいです。

|

« 迂闊な水曜日 | トップページ | 本当に日常のこと »

読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 10月に読んだ本:

« 迂闊な水曜日 | トップページ | 本当に日常のこと »