« 宣伝です | トップページ | どっと疲れた »

二月に読んだ本2014

 なんだかんだといろいろとあった二月が終わりました。客観的視点から僕個人を見たら、「こたつにこもってテレビをみつづけて太った」ということになるのですけど。
 ともあれ、そんなわけで二月に読んだ本の報告です。ご存じのとおり、二月は28日と日数が少なく、しかもオリンピック観戦に時間の大半を奪われてしまったのでほとんど読めてません。ええ、いいわけですとも(何に対して?)。

 菅浩江「誰に見しょとて」
 仮名堂アレ「コピーフェイスとカウンターガール」
 仮名堂アレ「コピーフェイスとカウンターガール2」

 かなり久しぶりに菅浩江を。化粧と美容を軸に据えたSFの短編連作。なんだけど、最終的にはなんだかとんでもないところへと至ります。理解できるし、希望的というか広がりのある終わりかたなんだけど、なんだか妙な不安感にさいなまれる感じ。
 超小型電池内蔵型記録媒体と薄型液晶フィルムというSFではよく目にするアイテムを使って、張りつけ型の動画投影式アイシャドウってなものになってしまうあたりはすごく好き。ただ「小洒落た」なんて感じまであてて、こじゃれたをこの意味で使うのだけは個人的に釈然としない。
 あとの二冊は、昨年末にお会いした方の本。と書くと、もらったみたいに聞こえなくもないけど、自分でお金出して買いました。どんなお話を書く人なんだろうという純然たる興味から。って、わざわざ断るようなことでもない気もするけど。
 1巻は設定と状況の説明だけで話が終わってしまった感があって、ここからもうひと山あってしかるべきではと感じたのですけど、2巻はそうして出揃った設定を使ってうまく展開していて面白かったです。最終ページの3行目はいらないだろうと個人的には思うのだけど。平良くんの親戚たちは、なんだか県立地球防衛軍のバラダギの部下とか、うる星やつらの面堂家の使用人達とかを彷彿させますね。
 そして今3巻を読んでいます。3月最初の読了本になる予定。

|

« 宣伝です | トップページ | どっと疲れた »

読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 二月に読んだ本2014:

« 宣伝です | トップページ | どっと疲れた »