« アマゾン川で | トップページ | もうこの季節 »

5月に読んだ本2014

 下のくだらない日記をアップして、すでに六月になっていたのだと気づいたしだい。
 ゴールデンウィークがあったり休載が一回あったり五週目があったりで、五月はなんかえらくのんびりしていた感じです。そのわりに、本もあまり読めていなかったりするのですけど、本気で何をしていたのでしょうか私は。それすらもおぼろ。

 梶尾真治「まろうどエマノン」
 梶尾真治「ゆきずりエマノン」
 法条遥「バイロケーションスプリット」
 法条遥「リアクト」
 津原泰水「音楽は何も与えてくれない」

 先月読み切れなかったエマノン二冊と、別段意識して選んだわけではないのだけれど、法条遥が二冊。もっとゆっくり読むつもりだったのに、あれよあれよと読み切ってしまった津原泰水の小説ではない本。
「リアクト」が面白かったです。こういうメタ構造というか、屋台崩しというか、個人的に好きです。ページ数に対する内容量がちょっと少ない気はしました。ただ、これを読んでいっそ強く、前作「リヴィジョン」がただの接ぎ穂だったのだなと強く感じてしまったんですけど。

|

« アマゾン川で | トップページ | もうこの季節 »

読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 5月に読んだ本2014:

« アマゾン川で | トップページ | もうこの季節 »