« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »

2015年12月

12月に読んだ本2015

 今年もあと数時間で終わります。今年のことは今年のうちにの精神にのっとって、12月の読了本を記して本年の日記を締めくくるしだいであります。

 47.マーセル・セロー(訳:村上春樹)「極北」
 48.柴崎友香「わたしがいなかった街で」
 49.J.D.サリンジャー(訳:村上春樹)「キャッチャー・イン・ザ・ライ」
 50.法月綸太郎「ノックス・マシン」

 47と48は、ツイッター文学賞で紹介されているのを見て、気になったものだと記憶している。
 47は、極寒の地域を舞台にしたマッドマックス的なお話。寒いとヒャッハーとはならないのだけれど、根底に流れているものは大きく違わない気がしなくもない感じ。
 48は、戦争の映像を好んで見る女性の日常的なお話……たぶん。途中で主体となるキャラクラが二人になって、締めの部分が二人目のキャラクタだったりするあたりには、ちょっと馴染めなかったかなと。
 今さら説明も不要な「ライ麦畑でつかまえて」の49。といいながら、題名ほど内容は知られていない気もするところ。いや、僕がこの歳ではじめて内容を把握したというだけのことか。そういせば、少し前にいつもいく理容店の理容師さんが「全然面白くないのだけれど、このまま読み進めていけば面白くなるのか」と不満を述べていたのだけれど、それもまあ理解できなくもない。何を面白いと思うかというところだし。青春小説の類いで、あまり劇的なお話ではないから。なんか、村上春樹訳の本が続いてる感じだけど、たまたまです。
 古典ミステリを題材に扱ったSF中編集の50。あんまり多くを語るとネタを割ることになる部類のものなのだけど、読んでると古典ミステリのあれやこれやを読みたくなる本でした。個人的には、『バベルの牢獄』が好きです。途中で仕掛けに気づいて、確認のためにページを行ったり来たりする時とか楽しいなと。

 今年は、とにかく数をこなそうと思って読書をしてきたわけなのだけど、結局読書家の人なんかには鼻で笑われる程度の数しか読めなかったね。でも、この辺りが限界。ていうか、冊数だけ増やしてもなというのが正直な感想だったりもする。なので、来年はもっとゆったりしたペースになると思います。
 あと、今年はこの人の本をっていうのがあまりなくて散漫な読書になった感じがあるので、来年はそういう作家にもっと出会えたらなと。今年読んだ中ではとりわけ中勘助でした。

 そんなところで、よいお年を。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年も押し詰まってきたところで

 毎年毎年、このくらいの時期になると抱く疑問があって、詳しい人にきちんと訊いたほうがいいのかしらんと思いながら、ずっとうやむやにしたまま今まできてしまったのだけれど……年賀状って、通信費? 交際費?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

呟きみたいなものをブログに記す

『ray』か……初音ミクがくるのかしらん?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あいかわらずテレビの前で

 昨夜、軽井沢カーリング選手権の女子の決勝をダイジェストで見ました。北海道銀行とLS北見の試合。
 今年はテニスばっかりでカーリングを見たのは、これが最初かと。ていうか、中継がねないんだよね。
 だもんで、中部電力のスキップだった藤澤五月がLS北見所属になっていて、産休中の本橋麻里に変わってスキップをやっていたことに大いに驚いた。ていうか、本橋選手が10月に子どもを産んでいたということにも驚いた。

 てな日記を書くために(主に漢字の確認のために)選手名鑑を引っ張りだしたんだけど、よくよく考えると、この名鑑ってこのまま所有していいものだったのかしら、借りてるってことになっていたのだったかしらと、いささか不安になっている今現在。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

年末ですぞ

 月曜から『討ちたいんだ』と『ゲンロク・アコージケン』が頭の中でヘビーローテーションな今日この頃。 
 昨日は、仲間内の忘年会。池袋でモツ的なものを食べながらだらだらとしゃべりたおしてきた感じです。まあ、益体のないことばかりしゃべってたので、もう何の話をしてたのかほとんどおぼえちゃいませんが。とりあえず、最近要潤ばっかり見てるって話はした気がします。あとは、いまさらジロー。
 いろいろと美味しかったのだけど炭水化物系の食べ物がなかったので、なんとなくもうちょっと何か食べたいなと思いながら店を出たんだけど、途中ででもなぁとか思ってラーメンを食べに行くという友人夫婦と別れて帰途について、それでも結局誘惑に勝てずにコンビニで焼うどんを買って食べてしまいました。いかんなぁと。
 そんな感じで、後二週間ばかり正月をのんびりと過ごすためにがんばります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

予断大敵

 いろいろとやってみたものの、ネットの不調は結局改善しなくって、昨日サポートセンターに電話で相談。本日、作業員の人が来ての修繕となりました。
 それでも、実際にどういう不調が起こっていたのかはよくわからず、目の前で見ていてもどういう作業をしているのかも理解はできない。わかったのは、念のためとモデムも交換したことくらいなもの。
 おそらくこれで問題がなくなったのだとは思うものの、今はまだ神経質になっているっていうか、しばらくは不安を抱いたような気持ちがつづくような気がします。このまま何ごともなく、喉元を過ぎてくれればと思います。
 どうにもこういう鵺と戦うような作業は、必要以上に疲弊する感じがありますね。ていうか、最初からサポセンに泣きついておけって話だったような気もしますけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

姑息な毎日

 昔あったゲーム&ウォッチの主人公は、パイプからもれるオイルを容器で受けとめてドラム缶に捨ててみたり、蓋のないマンホールの蓋がわりになってみたりと、場当たり的な対処に追われて根本的な解決をみない状況で右往左往していて、子ども心にもどうなのと思わないでもなかったのですけれど、実は日常の生活というものはそんなものであるのかもしれないと思うようになった今日この頃だったりします。
 流しわきに置いておいたスポンジが翌日手に取るとぎゅーっと絞れるくらいに水を含んでいて、どうやら蛇口から水が漏れているようであると気づく。とりあえず、ハンズで三角パッキンとコマパッキンを買ってきて交換してみたところ。経過観察中。
 かと思うと、今度はネットの通信状態が不安定になる。幾度かモデムの再起動(コンセントを抜いて差しなおす)をしてみて、その都度一時的に回復したような気はするものの、しばらくするとやたらに遅くなったり繋がらなくなったりという有様。どうも、状況的に、プロバイダ側でもモデムでもなく、モデムにつないだ無線ルータの不調であるらしい気がしてきたので、つまようじの出番とする。ルータの初期化だ。このまま安定してくれることを祈りながら、こちらも経過を観察している次第。
 こういう小さなストレスの連続って、地味にしんどいっすね。なんとなく、シムズのキャラクタにでもなったような心もちです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本日のハイライト

 髪を切りに行った先で、隣のお客(老婆)が、42歳で孫がいるという知り合いの話をしていて、こらえられなくなった理容師さんが「梅村さん、いくつだっけ」と答えがわかっていながら尋ねてきたあたり。
 まあ、「42ですね」と答えた僕自身も、その縁もゆかりもない同い年のどこかのだれかと自分とのあまりの違いに笑いだしそうになっていたわけだけれども。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

11月に読んだ本2015

 もう十二月。また今年も何もしないままに過ぎていく感じです。
 ていうか、手元を見ればやっているのは2016年の仕事なわけだけど。
 そんなこんなで、十一月の読了本。

 42.金庸(監修:岡崎由美 訳:林久之 伊藤未央)「女越剣」
 43.北山猛邦「人魚姫 探偵グリムの手稿」
 44.皆川博子「倒立する塔の殺人」
 45.佐藤亜希「金の仔牛」
 46.円城塔「プロローグ」

 以前(だいぶ前)に、「武侠物なんかどう? 金庸とか」と勧められたときに、最初から何巻にもわたるのはちょっとと思って一冊で終わるものを選んだのだったと思う42。もう何年も寝かせてしまったので、なにがどのように「どう?」と勧められたのかもあやふやなのですが、とても楽しめました。三篇の物語がはいっているのですが、特に「鴛鴦刀」が面白かった。これが武侠物の典型だとすれば、なるほど目指すところのひとつではあるかなと感じます。
 いっとき、とにかく誰かが勧めている本を読もうと思っていた時期があって、誰かが勧めている以上大きく外れることはないだろうし(実際はそんなこともないのだけれど)、その本を勧めた人のことも多少なりと知れるだろうから、という流れで購入した記憶がある43。ただ、買ってから間があいてしまったので、誰がどこで勧めていたのかを覚えていないというありさまなのですけど。あの人魚姫の姉だという女性が泡と消えた妹が王子を殺したとされる事件の真相をアンデルセン少年と旅の画家グリム氏とともに追いかけるという物語。激しく感動したとか魂が震えたというたぐいのものではありませんが、楽しめました。しかし、誰が勧めていたのだったか。
 発売当時に買ってそのまま放置してしまっていた44。って、そんなのばっかりだな。戦中戦後の日本を舞台に、空襲で亡くなった少女がなぜそのときそんな場所にいたのかという謎を解く物語。核になるのは少女たちの間で書きつがれていった「倒立する塔の殺人」と題された小説。という階層構造になっている。ちょっと軽めな作品だけれど、やっぱり皆川博子はよいなと感じます。細部が丁寧なんだよね。
 佐藤亜希初体験の45。これはツイッター文学賞かなにかの放送で紹介されていたのに興味を惹かれたのだったと思う。やっぱり人の勧める本をという動機だね。経済がまだ銀本位金本位で紙幣の信用さえあやしかった時代のフランスで行なわれる仕手戦というかマネーゲームというか、株売買でのし上がっていくそんな物語。史実をもとにしてバブルに浮かれていく様を描きながら、ボーイミーツガールの物語だったりする。主人公を軸に考えると、ちょっと起伏に乏しいかなと思うのだけど……もしかすると本当の主人公は彼女のほうだったのかしら……それでも、充分に面白かった。なにより、謡うような文章が心地よかった。
 そして、三か月連続の円城塔……と書きたいがために、それまで読んでいた本を途中でなげだして読みだした46。先月読んだ「エピローグ」と対をなすようなタイトルになっていますけど、直接的な関係はありません(たぶん)。私小説を自称しているけれど、そんなに整然としたものではなく、混沌とした様相の小説。コラムかエッセイなのではと思う部分もあったりも。その実、小説を書く機械になることを標榜している著者の今現在の形であるのだと感じる。そう言う意味では、なるほど私小説であるし、これはそんな行為のプロローグであるし、「エピローグ」はその果てにあるものである感じもする。そんなあたりを踏まえ、セルフディファレンスエンジンを読み直してみるべきかしらという気になっている今日この頃であります。
 そう言えば、プロローグの中で言及された作家の(収入の)現状と同じ内容を、先日TY氏がツイッターで呟いていて、逃れざる実状なのだと痛感し本気で暗澹たる気持ちに……って、俺自身が同じようなことをここに書いてるわけだけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »