« 今年もこの季節がやってまいりました | トップページ | 九月に読んだ本2016 »

自らを省みたりなど

 にんじんがますます高くなってる。けっこうな痛手ですよ。

 てな話はさておき、某所でTY氏がデビューできる生徒の3つのタイプというものをつぶやいていたのですけれど、どれだけ懸命に鏡を見つめても、自分が当てはまるものを見つけられないのです。さんざん首をひねった挙げ句、そういえば僕は自力で出ていっていないのだと気づきました。スタートから今まで、コネというか人の繋がりだけで今の場所にいつづけているのです。端的に言うと、運がよかったということになりましょうか。
 加えていうなら、拘りがないこととある種のMであるということがつづけてこられている秘訣かなと思わなくもない感じです。

 ていうか、三つ目のタイプは一部の疑問の余地もなく行方行さんの事を指していると思うのだけど、他の2タイプは誰を想定しているのでしょうね。

|

« 今年もこの季節がやってまいりました | トップページ | 九月に読んだ本2016 »

たわごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自らを省みたりなど:

« 今年もこの季節がやってまいりました | トップページ | 九月に読んだ本2016 »