« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »

2017年1月

やっぱつええわ

 いろんなスポーツの大きな試合が行なわれた日曜日。夕飯を作りに立つタイミングに困る時間帯に、錦織とフェデラーの試合を見ていました。
 フェデラーと錦織の試合って、いつも勝敗を抜きに面白くて、すごく好きです。今回もいいものを見せてもらったと大満足の試合でありました。
 しかし、なんか、錦織はNHK地上波の生中継と相性がよくない気がするんだけど、気のせいですか、そうですか、そうですね。
 ていうか、今日の衝撃度合いでいうと、マレーが負けたことの方が大きいんですけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

こたえあわせ

 安楽椅子探偵の解決編を見る。
 うん、まあ、被害者兄弟の関係云々は、犯人の行動と整合性がとれないから違うよなと自分でも思ってはいたのだけどさ。弟が舞台に立った理由同様に、兄が資料室に行った理由にどうしてもしっくりくる説明がつかないなと思っていたのですよ。それらは、正解を見ても釈然としないままだった。さすがに理由が雑すぎると思うわ。
 犯人に関しては、特定方法も、キャラ造形もおおむね予想どおりだったので、驚きはなかった。ただ、あの動機も雑ではなかろうかと思う。
 そういうものだと理解しているし、文句はない。ただ、そういうところが気になるくらいには歳をとったのだなぁとしみじみ。一作目のときは20代だったのだものなぁ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ベタといえばベタ

 で、実家で何をしてきたかっていうと、太ってきたのでした。
 去年一年でけっこう体重が増えてしまったので減量を今年の目標のひとつにしたのですけど、スタートダッシュで1.5キロほど増加してしまいましたよ。

 それはそれとして、観光なんかもしてきた感じで、こんなところにいってきました。

20170101
20170102
 片倉小十郎と伊達正宗のお城(跡)です。
 青葉城は、城に向かう道を車であがっていくときに行く手にそびえる石垣が圧巻でした。
 白石も仙台も観光資源としてけっこう本気で取り組んでいる感じがありました。

 ほかにもいろいろあったりなかったりなんですけど、まあ、こんなところで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

もっと頭の回転がはやかったらよかったんだけどね

 先週は実家に帰っておりまして。そこで何をしていたかなんてことは、また改めて書くとして、金曜の夜だったかに安楽椅子探偵が放送されていて、はじめてその存在に気づいたのですが、いかんせん実家では朝型の生活になるので見ながらうつらうつらしてしまって、どうにか概要を把握した程度にしか見られませんでした。
 今回はネットで見られるとも知ったものの、自宅に帰ってきて仕事を一つ片づけてで、おちついて見られたのが昨日の夜中。
 で、そこからあれこれ考えてはみたものの、さすがに締めきりまでには答えらしい答えを構築することはできず。
 いかんせん、(個人的に)一番ネックだった何故舞台上で殺された人は入れ替わっていたのかという謎に対し、それが事件の日だけではなくいつものことだったのだという結論に達したのが、今日の夕飯の支度をしている最中のこと。セリフが入ってる入ってないとか、わざとらしい兄弟げんかとか、あの兄弟の関係は傍目とは違うのだなと、鍋を振りながら考えていたのでした。
 ただ、それが僕が想定している犯人の行動とどうかかわるかが、いまひとつしっくりきていない。
 犯人特定は消去法で行なわれて、劇団内の人間で、楽日の午前中にコードレス掃除機が届いたことを知らず、あの時間に笛美が来ることを知っていた人物……あとひとつくらい条件があるのかなくらいのところまでしか絞りこめていない感じ。
 応募関係なく、もうしばらく楽しんでいようかなと思っております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あけましておめでとうございます

 例年通り、1日は適当な汁物におもちを入れたものを雑煮と言い張って食し、ごろごろと(水を流すと運が流れるって言う話もあるし、本当はほんとうに何もしないで過ごしたいのだけど、そういうわけにもいかず)過ごしました。

 今日も今日とて、例年どおりに箱根駅伝の平塚中継所あたりを眺めながら家を出て入谷方面に初詣に。
 けっこう前から毎年ここに初詣に来てるんですけど、最近人出が増えてて小さい神社なのにお参りするのに列をなしているような状況になっています。なんか、どこかの有名人の逸話込みでご利益が語られてるみたいで。
 そういえば、年末に近所のドラッグストアだかコンビニだかで買い物をした時のお釣りに、二枚ほど漱石の千円札がまざっていたんですけど、今日お守りをいただくときに初穂料でその千円札を出したら、巫女さんが「これで大丈夫ですか?」と不安げに問うてきたのです。意味がわからず首をかしげると、「旧札だから、レアじゃないかと」とのこと。その発想はなかったわ。
 普通に接してきた千円札だし、まだあるんだくらいにしか感じなかったけど、若い人にとってはそういう感覚なのかしらね。

 そんな2017年の幕開け。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »