« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »

2017年4月

やっぱりアメリカ時間はつらいです

 先週はひたすらにカーリングの世界選手権の中継を見ていました。夜の試合(日本時間では朝10時からの放送)はあまり見れなかったんですけど。
 さらに週末には、それにゴルフのマスターズもくわわって。完全に北米生活でした。

 で、カーリング。
 日本男子が20年ぶりのオリンピック出場確定です。というか、20年前は開催国権限での出場だったので実質はじめて出場権を勝ち取ったということですよ。20年前に軽井沢で撒かれた種がようやく花開いたというか、実を結んだというか、そういう話ですよ。
 実際、面白い試合でいくども興奮させてもらいました。
 スウェーデンとの試合なんて、本当に紙一重で。でも、そのわずかな差が最終的な点数ではけっこうな開きになってしまっているという。この薄くて高い壁を乗り越えられるかオリンピックに向けて楽しみにしていきたい感じです。
 そんな中、とりわけ強かったのが、カナダとスイス。数年前にカーリングの小説を書いた際、ライバルチームの強さとして僕が標榜したものがさらに高い次元で実在していたのだと驚いた感じです(作中は女子チームで、こちらは男子という差はあるわけですけど)。
 無理に点を取りにいかず堅実に先攻時は相手に1点取らせ、後攻の時は2点を取るという形で。でも、チャンスと見たら大量得点をかっさらうという。
 さらにカナダはショットの正確性が加わって。日本戦なんて、ショットの成功率95%ですよ。脅威です。
 あの試合で、5点を取ったエンドなんて鳥肌ものです(1エンドに1チームが投げるストーンは8個なので、5点なんてよっぽどのことがないと取れない点です)。
 決勝も楽しみにしていたのですけど、マスターズの最終日を一晩中見たあとだったので、さすがにしんどくて。テレビをつけたまま3エンド目あたり意識を失って、気がついたら株価が表示されていました。

 マスターズはマスターズでいろいろ語りたいくらいに面白かったのですけど、長くなったので割愛。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三月に読んだ本2017

 で、3月に読んだ本です。

5.青崎有吾「アンデッドガール・マーダーファルス2」
6.有栖川有栖「怪しい店」
7.川崎草志「オールド・ゲーム」

 先月読もうと思っていたのを後回しにした5。いっそう有名な登場人物が出てきて、いっそう活劇度合いに拍車がかかり、いっそうリーグ・オブレ・ジェンド(ゲームじゃなくて映画の方)的な様相に。あの映画はあれだったけど、この小説は面白いですよ。借りてきたヒーロークラスの登場人物にはそれぞれ見せ場を作らなきゃいけないし、オリジナルの主人公一行がある程度物語の中心にいなきゃいけないしで、こういう物語を構成するのはたいへんだろうなと思います。そのためにかなりアクロバティック。そして、ホームズが少々わりを食ってるかなという気がしなくもない。大がかりな導入部といった感じで、これからどうなっていくのかが楽しみです。
 もはや説明はいらないだろう火村シリーズの6。お店というくくりでまとめられた短編集。読んだ感触もいつものとおりなので特に記す事もない感じ。ただ、内容とは関係なく作中に出てきたサイコパス診断に釈然としないぞと。
 テレビゲーム(ビデオゲーム)がもっとも売れていたであろう時代の架空のゲームメーカー(アーケードもやっていてハードメーカーでもある大手)を舞台にした物語の7。日常の謎系のミステリかとも思うのだけれど、その辺はあまり気にかけずにゲーム制作に携わる様々な部署の人達の物語として楽しみました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3月の事

 なんか長いものを書いた反動もあってか日記を書く気力がわかずに、気がつけば三月が終わっていました。GW進行にむけて微妙に前倒し前倒しなスケジュールで、多忙というわけではないのだけれど、他のことに時間を割く余裕がなかった感じもなくはないです。
 そんな中、また排水管が詰まりました。共用部分が。……三度目かな。
 まあ、築年数がけっこう経ってるマンションなので、そういうこともあろうかと諦め半分に受け入れていはいるのですけれど。ただ、同じ状況に見舞われ同じ処置をしてほしいだけなのに、管理人さんに窮状を訴えて業者さんに求める処置をしてもらうまでの間に、かかる手間が毎回同じだけかかるというのがけっこうなストレスです。しかも、今回は部屋に来る時間の確認に電話をかけてきた業者の人が、値段の話をしだすし。いや、だから、共用部分ですって、それ個人で払わされたらたまったもんじゃないですよ。あらためて説明して、ことなきを得ましたけど、やっぱり理解されていないのだなと感じるしだい。
 で、作業に来てくれた業者の人に聞いたんですけど、排水管って、どこでも一階は別系統で二階から上が一つの縦管でつながってるんですって。なので、下で詰まると被害はかならず二階に出ると。
 今後、二階は回避した方がと思う一方、二階が空き部屋になっているマンションとか、時として偉い被害がでることになるんじゃないかしら。上の階の人の排水があっというまに新区から溢れて部屋が水浸しになりますよ。とか。
 それくらいが、あえて記せるできごとかしら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »