« 四月に読んだ本2018 | トップページ | オリンピックのなごりみたいな »

五月に読んだ本2018

 またひと月放置してしまいました。
 五月はちょっといろいろしんどかったんで何もできなかった感じです。べつに、体調をくずしたとかいう話ではないんですけど。
 てな感じで、5月に読んだ本です。

9.アミの会(仮)「怪を編む」

 一冊だけです。それも、月の頭のほうに読み終えたので、ここしばらくまともに読書ができていないなという感じです。すこし読書意欲が高まってる状態にあるんで、本を読めないのがしんどいと感じるところもなくはなかったり。
 で、アミの会(仮)のアンソロジー第5弾(6冊目)の9。今回はテーマも広めにとられているし、ショートショートアンソロジーという体裁のため25編も入っていたりで、盛りだくさんな感じです。個人的には、田辺青蛙の変態ぶりと矢崎存美のとぼけっぷりが好みでした。

|

« 四月に読んだ本2018 | トップページ | オリンピックのなごりみたいな »

読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 五月に読んだ本2018:

« 四月に読んだ本2018 | トップページ | オリンピックのなごりみたいな »