« 年の瀬ですから | トップページ | 一月に読んだ本2019 »

十二月に読んだ本2018

 今年のことは今年のうちにということで、12月に読んだ本も。

23.青山公士「ドラゴンクエストXを支える技術」
24.似鳥鶏「理由あって冬に出る」
25.似鳥鶏「午後からはワニ日和」

 現ドラクエXプロデューサー(執筆当時はテクニカルディレクター)による技術書の23。こまかな技術よりも、どういう思想でどういう選択をして技術運用やら運営をしているかという内容の本。面白かったのだけど、プログラムの知識やら素養があるともっと楽しめたのだろうなとも。
 一冊間に挟んだものの先月から継続中の個人的似鳥鶏フェアの続きということで、鮎川賞の佳作を取ったデビュー作の24です。学校を舞台に学生たちが幽霊騒ぎの真相を解き明かすという内容。作品とは直接関係ないのだけど、意外と前にデビューしていたのだということに単純に驚いた感じです。
 続けて、動物園を舞台に飼育員が動物盗難事件に立ち向かう25。書店員のときも感じたのだけど、職業物を書くのがうまいと思います。変に肩ひじを張った感じがなく、自然にそこで働いている人を書いている感じがするのが、気持ちいいのだろうなと。

 と、そんな感じで一年がかりで25冊しか本を読まなかったという2018年でした

|

« 年の瀬ですから | トップページ | 一月に読んだ本2019 »

読書」カテゴリの記事

コメント

新年あけましておめでとうございます。
先生にとってより健康でより良い年になりますように!
先日気になる噂を拝見しとても気になってしまったのでこちらにお伝えだけしたいのですが、実は先日ファンレターを先生に出しました。
ただすごい量になってしまい…、そういうのは編集部さんで面倒くさいので作家さんに知られ届くことなく捨てられてしまう可能性がとても高いと知り。
先生に送った事だけはお伝えしたく書き込ませて頂きました。
突然すみません。応援してる事だけでもお伝えしたく悩みましたが…失礼しました…!
(こちらへの返信は不要です)

投稿: | 2019年1月 1日 (火) 18時39分

>ひなきさん(ですよね)
お返事遅くなりました。
年末年始をはさんだりで随分と遅くなってしまいましたが、本日お手紙を受け取ってきました。
長らく間があいてしまったし、もうこちらを見ておられないかもしれませんが、届いていますということだけはお伝えしたく返信を書かせてもらいました。
これから、ゆっくりと読ませていただきます。

投稿: 梅村崇 | 2019年1月22日 (火) 23時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 十二月に読んだ本2018:

« 年の瀬ですから | トップページ | 一月に読んだ本2019 »