« 2018年12月 | トップページ | 2019年3月 »

2019年2月

一月に読んだ本2019

 気がついたら、暦の上ではもう春ですよ。
 なんか、一月中に何も書いてないですね。いやはや。
 いまさらですが、あけましておめでとうございます。
 今年も読んだ本の列記だけは備忘録的につづけていこうかと思っております。
 ということで。

 1.城平京「虚構推理短編集 岩永琴子の出現」
 2.似鳥鶏「さよならの次にくる 卒業式編」
 3.似鳥鶏「さよならの次にくる 新学期編」

 アニメ化も決定したらしい虚構推理の二冊目にあたる短編集の1。収録されている5編のうち4つはすでにマンガ化されていて、コミックスですでに読んでいたためにさくさくと読めました。「それは、キカイダーや」というツッコミはコミックスを読んだときにもした記憶があるのですが、今回改めて文章で読んで、そのはるか前にモモレンジャーというフリがされていたことに気づき、軽くびっくりしました。
 相変わらず続いている(読むのが遅いから、一向に山が減らない)個人的似鳥鶏フェアの一月分の2と3。デビュー作と同シリーズの二作目となる作品です。短編連作のような形態をとりながら、それがすべて繋がってくるという……のもすでにネタバレかしらというような感じです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年12月 | トップページ | 2019年3月 »