« 東京ゲームショウ2019 | トップページ | ずっと震えています »

九月に読んだ本2019

 気が付いたら、もう十月に入っているじゃないですか。暑いし、全然気づかなかったです。
 ここしばらくは、何かをしていたという記憶はありません。何もしていなかったんだと思います。
 というわけで、九月に読んだ本です。

15.藤澤仁「夏の呼吸」

 何もしていなかったというのに、また一冊しか読んでないというか、何もしてなかったから一冊だけというか。本当に何もしていなかったんだとあらためて思う次第。
 ドラクエ7からシナリオに参加し、ドラクエ9、10(バージョン1)のディレクターを務め、予言者育成学園を作った藤澤氏が、20代の頃に書き賞応募した小説をまとめた15。表題作の短編「夏の呼吸」と中編「雨傘」の二編が収録されています。夏の呼吸の方は、小説かどうかも危うい感じがあって少ししんどかったんですけど、雨傘はとても面白かったです。
 できれば今書いたものが読みたいなというのが、正直な思いです。

|

« 東京ゲームショウ2019 | トップページ | ずっと震えています »

読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 東京ゲームショウ2019 | トップページ | ずっと震えています »