« 2019年11月 | トップページ | 2020年1月 »

2019年12月

十二月に読んだ本2019

 今年の事は今年の内にということで、12月に読んだ本を記しておきます。

18.似鳥鶏「目を見て話せない」
19.アミの会(仮)「初恋アンソロジー」

 もう一冊読めるかなと思ってたんですけど、さすがに一日出かけたりすると本を読む体力は残ってなかったりで、結局2冊だけとなりました。

 大学に入学したばかりのコミュ障の青年を主人公かつ探偵役にすえた、日常の謎系ミステリの短編連作の18。似鳥敬は、書店員やら動物園の飼育員やらと職業物を書くのがとにかくうまいと思うんだ。雰囲気というからしさというか、そういうものの捉え方と表わし方が秀逸だと思ってるんです。この作品でも、冒頭からの自己紹介のシーンは圧巻だった。でもね、注釈を使った自己ツッコミ芸は、あんまり好きじゃなくって、そこだけが唯一ひっかかる。ともかく、今一番好きな作家(の一人)。
 もう何冊目か覚えてないですけど、女性推理作家の集まりであるアミの会(仮)アンソロジーの19。表題通り、初恋を題材とした短編のアンソロジーです。えらく広い幅のイメージを持つお題だったためか、いつも以上に収録された作品の方向性が多様です。どの作品も面白かったんですけど、今回は松村比呂美さんの作品にやられました。それはそれとして、こんな短い期間に立て続けに「飴乞い(飴買い)幽霊」の話を目にするとは思いませんでした。

 冊数で語ってもしょうがないところではあるんですけど、一年間で19冊っていうのはさすがにちょっとって感じなので、来年はもう少し読書にいそしもうと思います。
 そんなところで、今年は以上で。
 よいお年を。

| | コメント (0)

まつりのあと

 今年の予定のすべてがおわり、日常のあれやこれやをしながら、見れていなかったニコ生のばんぐみなんかを見てまったりとした時間をすごしております。
 年末恒例のファミ通や4Gamerのゲームクリエイターの一年の総括や来年の抱負を読んでたのだけど、ふじのりさんのジェムカン推しが強すぎます。さすがTO。

 そんなわけで、まだジェムカンの話題をつづけてしまうわけです。
 今回のライブでひいたチェキのいくつかを載せていきます。

 おうたのじかんの延長戦的購入でようやく引けたMagicSocksのマヤたそのサインチェキ。
Photo_20191230164201
 サインもメッセージも顔立ちも写真写りも、すべてが端正すぎてかえって冷静になってしまいました。
 もしかするとマヤたそが一番の美人さんかもとしみじみ。

 おうたのじかんの3人を並べて。
Photo_20191230164401
 おうたのじかんの衣装なんですけど、
 なんか、ポン姉だけを並べてみたら……
Photo_20191230164501
 ホテルかレストランの従業員っぽいのは、なんでだろう。

 最後にカウントダウンとともに、すこしずつ距離が近くなる柚希ちゃん。
Photo_20191230164701

 以上で。
 なでさんのファンミチケット買えなかったし、1月3日のZeppDiverCityも不参加なので、ROM専にもどります。
 では。

| | コメント (0)

推しごとおさめ的な

 土曜(28日)は、再び横浜へ。GEMSCOMPANYアコースティックライブ「おうたのじかん」にいってきました。

 紆余曲折を経て水科葵、音羽雫、長谷みことの三人による昼夜二公演となった、アコースティックギターとキーボードの生伴奏で歌を聞かせるライブです。
 チェキのこととか、見に来ていたメンバーが影ナレに飛び入りで参加したこととか、いろいろと書きたいことがあったりもするのですけど、そんなことはさておいて、ライブです。ちょっと言葉がないくらい。
 JAMGEMJUMP!!!からはしまった昼公演、二曲目のカブトムシ(aiko)で早々に何かを鷲掴みにされて持っていかれた感じです。
 選曲が個人的にツボにはまった感じもあって、特に音羽雫さんに掴まれてしまいました。
 いつもはポンコツな言動が多めでスタッフにも撮れ高の女などと言われるポン姉ですが、この日はその歌唱力をいかんなく発揮、「きょうはポン姉じゃなく、音羽雫でいさせてください」といったすぐ後に「ポン姉はね」と自ら言ってしまうなんてこともあったりはしましたけど、もう間違いなく音羽雫であったと。
 昼公演では、なんといっても「生きていたんだよな」(あいみょん)。配信でも何度か聞いていたけど、やっぱり雫さんの歌うこの歌がすごく好き。原曲よりも力強くて痛々しくて震えました。
 夜公演では、続けて歌われた「Pretender」(Official髭男dism)と「残ってる」(吉澤嘉代子)の二曲。どっちも、元々好きな曲だったんだけど、それを差し引いてもすごかった。リア充爆発しろのポン姉が「残ってる」を選んで、しかも「Pretender」の直後に歌うってことに、個人的におかしみを感じたりもしてたんだけど、まあ、すごくどうでもいいことですね。
 ほかにもいろいろと、それこそ一曲一曲語りたい気持ちもあるのだけど、長くなるのでここらで。
 アイドルアイドルした歌って踊ってのライブと同時に、こういう歌で殴りにくるライブがされることがすごいなと。

 ここから少し、実在する彼女たちと相反する話なのですけど。
 今回のライブは「MagicBox」「MagicSocks」と違って、ライブすべてでモーションキャプチャーでリアルタイムに三人が動くというちょっと話を聞いただけで怖くなることが行われまして、そのためやっぱりというかなんというか、幾度かモデルが荒ぶることがあったのです。
 見る側には、その辺のことを暖かくスルーできる心を持ってないとなってところもあって、もっともっとたくさんの人に見てもらいたいと思う一方で、そうなるにはもう少し時間が必要なのかなと感じたりもしたのでした。

| | コメント (0)

仕事おさめ的な

 金曜(27日)は、この時期の年中行事。スクエニさんのパーティでした。
 例年通り特に挨拶などして回ることもなく、ぼんやりと過ごしてきました。

 何の話をしていたときだったか、担当さんから「面倒くさいのが向いてると思います。面倒くさいの得意じゃないですか」などと、よくわからない評価軸からの評価をされました。
 えっと……得意でも、上手でもないです。仕事だから必要最低限のことをしているだけです。
 とかいいだしたら、文章書くこと自体が得意でも上手でもないって話になるわけだけど。

 そういえば、前に書いた通りMagicSocksのノルマンディーがすばらしくってニーアクラスターに見てもらいたいと思っていたので、超級のニーアクラスターの某氏に勧めてきたのでした。
 ただただよかったんだと語って、ファミ通さんがあげてる動画の最後でちょろっとだけだけど見れるので、それを見て欲しいと懇願。ほんとうにちょっとだけだけど、動いているの見れるのこれだけだからって。
 そしたら、さっそくツイッターで広めてくださっている。感謝。

 ここにもその動画のリンクを。こちら

 よーすぴに挨拶がしたいななどと下心まじりに思っていたのですけど、今年は来ていなかったようです。残念。
 邪な願いは叶わないということですね。

 そんなこんなで今年の仕事はおわり。パーティでせしめた駄菓子で冬ごもりします。

| | コメント (0)

「MagicSocks」のおもいで その6

 前記事のつづきです。
 ERINGIBEAM.のじかんから。
 レイカさまとなにぬのメッセージを。
Photo_20191227015502
Photo_20191227015503
 さらにイラストも。
Photo_20191227015501

 でもって、そのときの柚希ちゃん。
Photo_20191227015504
 ……うん。

 最後は、うたひなのじかんから。
Photo_20191227020203
 ひなちゃんの書く2は不思議な形をしているね。ひっくり返ったか、5の鏡文字って感じで。
 そのひなちゃんからのメッセージ。
Photo_20191227020201
 こっちは、gなのだね。

 おっ、と思ったのでみずしーの一言も。
Photo_20191227020901
 fulfillが歌ったお歌がらみの一言ですね。

 ほんで、そのときの柚希ちゃん。
Photo_20191227020204

 最後は、なでさんのいつもの一言で。
Photo_20191227020202

 それでは、こんなところで。
 そうそう、初日の公演で一番笑ったのは、柚希ちゃんの「これ、自分たちだけが楽しくなってるやつだ」でした。

| | コメント (0)

「MagicSocks」のおもいで その5

 いくつかの外語字幕の入った「JAM GEM JUMP!!!」のMVが公開されたんですけど、2番サビの出だしの英語字幕が、
 Better than doing something
 になっていたので、「何か出来そう よりも」が公式な歌詞解釈ということになるのですね。
 素直に解釈すればそうなんだけどね。これだと「よりも」がすわりがわるい感じがして、むずむずするんですよね。個人の感想です。

 それはさておき。
 このまま、つらつらと感想を描き続けていると年が明けてしまうので、最後に特典ポスターに書かれたメッセージのいくつかを載せて終わりにしようと思います。

 公演順に、fulfillのじかんから。
 みずしーからのメッセージ。
Photo_20191227012603
 本間って……誰よ?

 ねくねくから。
Photo_20191227012602

 そのときの、柚希ちゃん。
Photo_20191227012604

 続いて、citrossのじかんから。
 citrossメンバーからのメッセージ。
Photo_20191227013301
Photo_20191227013304
 ポスターをおさえてる本が写っちゃってますけど、気にしないでください。

 その時の、みずしーとねくねく。
Photo_20191227013303
Photo_20191227013302
 いちゃいちゃしやがって。てぇてぇなぁ、おい。

 MATULIPのじかん。
 マチュメンバーのメッセージを。
Photo_20191227014001
Photo_20191227014003
Photo_20191227014004
 ……なんというか、さすがですなでさん。

 で、そのときの柚希ちゃん。
Photo_20191227014002

 ちょっと長くなったんで、ここでいったん分割します。

| | コメント (0)

「MagicSocks」のおもいで その4

 なでさん(花菱撫子)のファンミーティングのチケット争奪戦、敗北しました。瞬殺がすぎます。
 初手に、アクセスが集中していますという警告ページに飛ばされた段階で負け確だったのだろうと思います。
 そんな中で、昼夜両方購入している人たちは、いったい腕が何本はえてるんだろうかと。

 てな感じで、ジェムファンの話を少々。
 前にも書いたように、千穐楽では「ノルマンディー」に合わせて「人類に栄光あれ!」の敬礼をしようという呼びかけがあったり、それとは別にアンコールの曲の大サビで客席をウルトラオレンジに染め上げようとサイリウムを配っている有志たちがいたり、とにかくライブをいいものにしたいという思いで動き出して、それが一つになって形になる。個々もすげーし、集団としてもすごいなって思います。

 運営側もそれをわかって信頼し、その思いに応えようとしてくれていると感じます。
 二日目の夜(MATULIPのじかん)の開場前の物販で、チェキくじがかなり早い段階で売り切れてしまうということがありました。
 買えなかった人があまりに多かったと判断したのでしょう、急遽運営がチェキの在庫を補充、終演後に再度販売するとの英断。購入できなかった人達への販売という形ではあるものの、購入したかどうかを確認するすべはなく、そこはファンの良心と良識に頼るという。
 おそらく、それでうまくいったのだろうと思います。僕は売り切れ前に買えたし、帰りの電車の時間もあったしで、早々に離脱してしまったので実際のところはわかりませんけど、少なくとも問題が起こっている感じはない。

 そうした諸々をふくめて、すべて心地よい、いい空間だと思います。
 でも、先に書いたライブの内容も、こんな感じも、成り立つのは今が精一杯の大きさな感じはしています。
 ここから大きくなっていくと、いろいろなことが変わっていくのだろうなという不安もちょっとあります。
 杞憂であろうし、その時のことはその時にって話なのですけど。

 そんなジェムファンたちの中でも、愛の表現が一番強いのは撫子会(花菱撫子推し)の人達な感じ。
 全身囚人服の人がいたり、なでさんのドールを作っちゃう人がいたり、等身大の自作ポスターとか額にいれた写真(通称遺影)を持ってる人がいたりと、とにかく愛が激しい。
 その次は、ねね友(奈日抽ねね推し)の人達かな。

 そんな、愛の強いなでさん推しの人達が来月のファンミを楽しんでくれることを心から願っています。

| | コメント (0)

「MagicSocks」のおもいで その3

 の前に、あらためて言いますけど、今日コミックスは出ませんよ。出ませんからね。出てませんから。

 さて、今回の「MagicSocks」は、クリスマスパーティの趣を強く出していて、毎日変わる(メンバーが手ずから飾りつけた)飾りつけなんかも、そんな雰囲気を高めていました。
 もちろん、ライブ自体もそういう構成があって(全部が全部ではないですけど)、パーティなんだからみんなでいっしょに楽しもうというつくりになっていました。

 初回、fulfillのじかんでは、ふるふぃる幼稚園として、みずしな先生の歌う「ウィンターワンダーランド」にあわせてお遊戯を。さらに、会場から一人ずつ指名して、それぞれみずしー(水科葵)とねくねく(桃丸ねくと)の好きなところを叫ぶということも。宣言した人達には、お返しに二人からのラブレターが送られていました。
 二日目、citrossのじかんでは、会場全体でプレゼント交換会。みんなが500円程度のプレゼントを用意しての交換会でした。実は、この500円のプレゼントが今回一番頭を悩ませたものでした。最初は、柚ポン酢とさとうのごはんでシトロスセットとしようかと考えてたんですけど、ちょっとかさばるし迷惑かと無難なものを選んでしまいました。今は、何故ネタで突っ切らなかったのかとちょっと後悔しています。
 MATULIPのじかんでは、ユキノズブートキャンプでみんなで体を動かし、マヤたその先導でみんな一緒に乾杯コールを。こちらでも、指名されたファンが思いのたけをメンバーにぶつけるコーナーがありました。さらに、座席番号でプレゼントが送られたりも。そして、みんなで記念撮影。
 三日目、ERINGIBEAM.のじかんでは、会場をレイカ組、なにぬ組に分けてみんなで「しゃかりきマイライフ」のサビを大合唱。そして、レイカさまなにぬに質問もしくは言ってもらいたいセリフを募集するコーナーがありました。ただ、なにぬに向けては、指名されたファンがふたりともなにぬに向かって愛の限りを叫ぶという事態に。さらに、二人のお芝居に指名されたファンが参加するというコーナーもありました。会場の飾りつけのしかけやら、みんなにクラッカーが配られ、それを鳴らすところからはじまったりと、この回が一番パーティー色が強かった感じです。
 最後のうたひなポンのじかんでは、二人のお芝居に会場みんなで参加する部分があって、ふたりからのプレゼントをかけたじゃんけん大会があって、こちらでも記念撮影を。みんなで「JUST DO IT!」と「T」でパシャリ。

 そういえば、MATULIPのじかんでは、マヤTの一文字組を高く掲げマヤたそに指名されその思いをぶつけながら、その後席番号でなでさんのプレゼントが当たるという奇跡を見せつけたおうどうさんが一つ前の席で、ERINGIBEAM.のじかんでは、なにぬに指名され「たぶん、ウチはあんたのことを存じておる」と言われ、感動に涙を流していた自己主張の強いたぬきさんが、(席一つ挟んで)すぐ横で、なんか二日続けてすごいシーンを目の当たりにしてしまった感じでした。
 自己たぬさんの感涙に崩れる様など、今思い出してもうるっとしてしまいます。推しへの強い愛、ステキです。

| | コメント (0)

「MagicSocks」のおもいで その2

 今回のライブ中はあまりクジ運というか引きがよくなかった感じがあって、その最たるものが三日目(22日)の朝でした。

 マンションの防災点検が22日に行われると連絡が入っていたのが11月の末ごろのこと。眩暈を覚えながら、電車の時間を確認して、点検開始の時間ごろに部屋に来てもらえばどうにか開場(物販開始)時間に間に合うと確信。担当業者に電話で最初に部屋に来てもらうように予約を入れる。
 その後、公式から安全対策で物販開始の30分前からくじ引き形式でランダム整理券を配布するという発表があり二度目の眩暈を覚える。それでも、予定の電車に乗れれば間に合うはず。
 当日の朝……時間になっても業者が来ない。数分待ってみたが音沙汰なし。
 このままでは、電車に間に合わない。大慌てで外に飛び出し、他の部屋の呼び鈴を押そうとしていた作業員に声をかけ、最初に来てもらうよう頼んだのだと事情を説明し、部屋に引き込む。
 ガス感知器の検査を終え、点検終了確認のサインをして、作業員を送り出し、そのまま家を飛び出す。
 時間はけっこうぎりぎりで、駅までの道を走った走った。どうにかちょうどホームに入ってくるタイミングで目的の電車に間に合った。
 横浜についてからも、周囲の迷惑にならない程度の早足で会場に急いで、どうにかランダム整理券を引く列に並ぶことができました。
 で、引いた数字が「310」。そこまでの疲れが一気に押し寄せてきましたね。
 実際、缶バッジが売り切れるかどうかってタイミングでした。それでも、ぎりぎり残っていたのだから、最悪というほどではなかったのだろうとは思います。
 そういえば初日の整理券も、開演前に買い物ができなかったくらいには遅い番号を引いてしまったな(これは、運営側がある程度で見切りをつけて終演後に再度並ぶための整理券を列の前方から再配布する形で対応していました)。全通を含めて複数回参加する人が多いライブなので、初日は特別列の進みが遅いからね。初日だけもう少し早く物販を開始してもいいんじゃないかって気はした。

 チェキ運も、サインチェキがひけなかったのはしかたないとして、ここで公開できるようなこれというチェキもなかった感じで。缶バッジも、マヤたそ(一文字マヤ)、ねくねく(桃丸ねくと)、シークレットが引けませんでした。
 それでも前回縁のなかった柚希ちゃん(城乃柚希)のアップのチェキが2枚あったので、最悪ではなかったのだと思います。

 でもね、でもね……
Photo_20191225032401
 レイカさまに愛されすぎだとは思うんだ。


 メリークリスマス。

| | コメント (0)

「MagicSocks」のおもいで

 一日経って、体中が痛いです。喉やら肩やら腰やら脚やら……普段どんだけ動いてないかを痛感しております。
 ただ、右人差し指が痛いのは謎。

 それはさておき。

 昨日につづいて、「MagicSocks」の話なんですけど、とにかくこの話をしないとはじまらないと思っているので、千穐楽の話を主に。
 体調不良による休養のためライブ不参加となってしまったうーたま(珠根うた)のピンチヒッターとしてポン姉(音羽雫)がひなちゃん(星菜日向夏)とMCをつとめた千穐楽「うたひなポンのじかん」。
 今回、MC担当ユニットのメンバーTシャツを着ていくことにしてたんですけど、この回にどのTシャツを着るかにすごく悩みました。
 結局、ひなTにしました。
 うーたまTを着てくるファンは多くいるだろうと予想できたし(実際、かなりの数いました)、相棒のいないステージで頑張るひなちゃんを応援しかったから(いや、まあ、外で着づらいランキング1位を争うひなTを着る機会はここしかないとか思ったりもした)。

 ところで、初日の一曲目が全体曲である「JAMGEMJUMP!!!」だったんですけど、その歌いだしのうーたまパートをほかのメンバー全員で歌ってて、もうそれだけで泣きそうになってしまって。初手から泣かされてどうするって感じだったんですけど。
 回を追うごとにその歌声が客席の方にも広がっていって、千穐楽では会場全体での大合唱となっていたのです。全員がうーたまのいない穴を埋てやるって感じで、本当にほんとうにね。
 で、うーたまの自己紹介の「はい。そいそい女子校生」もファンのみんなが代わりに声をあげていて、その感じもすごくよくわかるのだけど、僕はやっぱりここにいたはずのうーたまにエールを送りたいと思ったので、「うーたまー!」と声を張り上げていました。

「JAMGEMJUMP!!!」といえば、最後の最後のアンコールで柚希ちゃんみこみこなでさんが立て続けに歌詞に「そい」をこめるということをやってくれやがって、一瞬の違和感の後にぶわっとこみあげてきたものに息が詰まる感じがあって大変でした。

 どうなるんだろうと多少の不安もあったりしたんですけど、ひなちゃんはひなちゃんでした。すばらしかった。
 そして、ピンチヒッターで相方を務めたポン姉もよかった。自分のユニットであるcitrossがあって、アコースティックライブもあって、表に出しはしないものの配信での感じからすると(アイドルではない)仕事も大変そう(これは、他の社会人メンバーは同様ではありますが)ななかで、「オンリーマイフレンド」もMCもすばらしかった。
 特に、井上陽水のものまねが秀逸だった(え?)。

 ちょっと長くなってきたので、うたひな回の特典サイン入りブロマイドを載せておしまいにします。
Photo_20191223230401
 相変わらずの誤字ですけど、うたひな的にはこれで正しいつづりのような気もしてきたので、あえてだと思います(思おう)。
 いや、そんなことより右下のハートの右のかすれですよ。ここ、はっきりと部分指紋がスタンプされてます。
 誰か、鑑識を! 鑑識を呼んで!

| | コメント (0)

再びの横浜三連勤

 そんなわけで、20日、21日、22日とGEMSCOMPANYのクリスマスライブ『MAGIC SOCKS』に通い詰めてきました。
 まだ終わったばっかりで、いろいろと整理がついてないし、明日辺りからまたつらつらといろいろと書いていくのだろうと思うのだけれど、とりあえず、最初にこれだけは書いておかないとと思ったので、1点だけ。

 今回のライブのサプライズは、「ノルマンディー」であったろうと。
 当然ですが、「舞台ヨルハVer.1.3a」で歌唱を担当したみこみこ(長谷みこと)とユキノくん(赤羽ユキノ)によるものです。
 しかも、その歌衣装がヨルハのアンドロイドのもの。みこみこが2Bで、ユキノくんが9Sに。もちろんあのゴーグルもしています。
 歌もダンスもすばらしくて、鳥肌もの。
 これは、ニーアクラスタの人達にも見てもらいたい。そしてジェムカンに少しでもはまってもらいたい(といっても、現状見ようがないので、この曲だけでも公開してもらいたい。ステージまんまが無理ならMVでもいいから)。

 そしてこの二人のパフォーマンスに答えようと、千秋楽では有志の人達の発案で、曲終わりに会場の全員が左手を胸に「人類に栄光あれ!」と。
 自分がその一員となっていることも含めて、胸が震えました。
 こういうファンの人達も込みで、ジェムカンが好きなんだとつくづく感じたしだいであります。

| | コメント (0)

十一月に読んだ本2019

 少し前まで結構暖かくてそんな感じなどしなかったのに、気が付けばもう12月ではありませんか。
 12月になったとたんに、スーパーなんかではクリスマスやら正月やらの準備をせかすような商売をしたり、近所の家が電飾で彩られてたりして、急に年末の雰囲気が高まりやがりましたが。
 そんな雰囲気とはあまり関係なく、11月に読んだ本です。

16.映島巡「FINALF ANTASY XV The Dawn Of The Future」
17.井上真偽「ベーシックインカム」

 相変わらずな感じで二冊です。
 ゲームファイナルファンタジーXVで製作が中止されたDLCシリーズの救済として書かれた小説である16。ノベライズと呼ぶべきか、スピンオフと呼ぶべきか。本編では自己犠牲的な終わり方をした物語のもう一つの結末を描いたものです。俗にいう二週目的な感じで。本編とはまったく違った結末へと向かっていきます。ていうか、この小説ではじめて知ったことや理解できたことなんかもあって、そういう設定みたいなものがゲーム内で拾い切れていないところ(感じられないところ)が、このゲームの問題だったのではないかと。内容が面白かっただけに、これがゲームで表現されなかったことを残念に感じました。
 井上真偽の短編集である17。これは帯にも書いてあるので言っていいのだろう、ミステリ寄りのSF短編集です。一作ごとに扱うテーマ(技術)を変えての5編が収録されています。激しい衝撃を味わうという種類のものではないですけど、ひじょーに面白かったです。

| | コメント (0)

« 2019年11月 | トップページ | 2020年1月 »