« 2020年2月 | トップページ | 2020年4月 »

2020年3月

流行とは関係なく巣ごもり暮らし

 十年以上していた仕事が終わったこともあって、昨年末あたりからほとんど仕事もせずに家にこもりがちなだらだらとした生活をおくっているわけなのですが。
 なんか、世界レベルで似たような生活を強いられる人が急増しているみたいで……想像するだにちょっと怖いです。

 無駄な買い占めやら、よくわからない差別的行動やら、ヒステリーめいていて人間て驚くほど進歩をしないのだなぁと感じていたりも。
 しかし、急に意味のつかみがたいカタカナ語が現れたかなと思ったら、よくわからないままあたりまえのように繰り返し使われてるとかなんなんでしょう(しかも誤用っぽい)。

 そんな状況下でなんなんですけど、明けて本日3月25日、「ロトの紋章 紋章を継ぐ者達へ」最終巻である34巻が発売になります。
 よろしくおねがいします。

| | コメント (0)

2月に読んだ本2020

 レシートと格闘し続けているうちに2月が終わってしまった感じです。
 ここ数日は、ジェムカンの新ユニットとなるHttp:の「ネットのかみさま」を繰り返し聞いてます。
 いろいろと感想を述べたい感じはあるのだけど、書きだすと長くなるので一言だけ。
「正義を振りかざしはせずに あったかいこのハートを伝えるよ」
 これがなにより大事だと思います。

 それはそれとして、2月に読んだ本。

3.似鳥鶏「きみのために青く光る」

 1冊だけです。本当に何もしてなかったんだと痛感するしだい。
「青藍病」あるいは「異能症」と呼ばれる架空の病を発症した人達をメインにした短編連作。4編あるのですけど、その一つ一つが切り口も方向性も違っていて、おもしろいです。特に4編目は、そこまでやるかといった感じで圧巻。3編目が軽い感じだったのもあって、その落差もすごくって。ふた月連続で似鳥鶏に泣かされてしまいました。
 そういえば、先月のヨリコさんの時に書き忘れたんですけど、あとがきも秀逸です。

| | コメント (0)

« 2020年2月 | トップページ | 2020年4月 »