« 2021年3月 | トップページ | 2021年5月 »

2021年4月

衝動的に動いてしまうこともある

 21日夜、「完売していた商品を再入荷しました」というヴィレッジヴァンガード渋谷本店のツイートを目にする。
 ざわざわと落ち着かない感じになる。
 22日午前、結構早めの時間に宅配便に起こされる。
 思い立って、その勢いのまま家を飛び出す。
(おそらく一般的には)不要不急な用事で都内に来てしまいました。

 というわけで、先日買えなかったいくつかのグッズも無事購入できました。
 特典の栞もいただけました。
 必要な買い物だけしてとっとと帰路についてしまったので、現地滞在時間は15分程度だったかと。移動時間との比率が20:1くらいな感じだけど、まあよし。
 しかしあれですね、同じ穴の貉なんでどの口が言うのかって話なんですけど、こんな状況下にあっても平日の昼間から渋谷は人が多いです。感染云々を抜きにしてもちとしんどい感じです。

 特典の栞なんですけどランダム配布になっていて、レジで店員さんが裏向きの状態で一枚ずつ必要枚数抜き出して渡してくれるという形でもらったんですけど、どうやら8人のメンバーが1枚ずつローテーションで入っているのがデフォルトの状態らしくて、もらった栞を見たらきれいに順番に並んでらっしゃいました。良心的といえば良心的なわけですけど……いいんでしょうか?

 そういえば、朝受け取った宅配便もネットで勝ったニーアレプリカントだったわけで、なんか購買行動がすべてどこかのでたがりおじさんの掌の上な感じがあります。というか、ずっとそんな状態な気がします。

| | コメント (0)

昔からのろのろとした人間だもので

 またしても例によって例のごとくヲタ活話です。

 先週土曜日から東日本でも販売のはじまったヴィレッジヴァンガードとジェムカンのコラボグッズ。オンラインストアでの販売も開始されました。
 なのですが、土曜日に早起きに失敗し、昼過ぎにのぞいた段階でほぼ完売状態。この情勢下で土日に渋谷には出たくないななどと躊躇しているうちに、渋谷店でもほぼ完売とツイートがあるというありさま。
 本日、ダメ元で川越に足を延ばしてきました。
 こちらでも、パーカーやキャップ、バッグ類などの大物系はすでに完売していたし、購入特典の栞はなくなってしまっていましたが、全員のアクリルスタンドと、缶バッジ、アクリルキーホルダーがそれなりに買えたので、充分に満足です。

 しかしあれですね、一般に広く波及しているわけではないけれど熱心な人達の数が増えてきているという、僕みたいな熱量の低い(あるいは腰が重めの)ヲタクには、いちばん厳しいゾーンに入った感じがありますね。

| | コメント (0)

おとのはなし

ある音楽関係者の呟き

 サウンドってやつは厄介だ。ほんと難解だよ。簡単に形が変わっちまうから、頭を悩まされつづける。
 なにせ、サウンドトラックはサントラと略されるのに、サウンドエフェクトだとSEになる。
 サウンドスケジュールってバンドの略称はサウスケてのが一般的だ。
 まったく捉えどころがなくて困っちまう。

| | コメント (0)

三月に読んだ本2021

 なんか一気に暖かくというか暑くない?って感じる日もあるような気候の変化に戸惑っているうちに3月が終わってしまいました。
 ここしばらくは、もうさすがに炬燵はしまってもいいかしら、でもまだ3月だし、去年は桜が咲いたあとに雪降ったし、などと逡巡しておりました。
 さて、三月に読んだ本です。

6.有栖川有栖「女王国の城」(下)

 また一冊です。理由は明白で、花粉のせいです。目もかゆいし口呼吸になって思考力が低下するしで、本を読む速度はいつもいじょうに低下するしまつ。さらに抵抗力もていかしているのか、今年はものもらいなども患ってしまい、目を開けているのがつらくて数日完全に本が読めなかったといのもありました。歯医者でしんぱいされたり、目薬を買ったドラッグストアのレジで「おだいじに」なぞと声をかけられたり(はじめての経験でちょっとびっくりしました)。
 あ、そういえば、歯医者通いが終了しました。

 閑話休題

 先月の読んでいた上巻の続きである6。有栖川有栖だし心配してはいなかったんだけど、下巻になって物語は加速していき、解決編はしっかりがっつりといった感じです。そこまでの長い物語の中にどれだけ巧みに情報がまぶされていたかと、そして最後の最後に上巻を開きたくなるしかけは、秀逸としかいいようがない感じです。状況的にもどかしい展開がつづいたり、主人公たちの暴走とも思えるような行動なんかは、必要な要素として許容できるのですけど、やっぱり上巻にあった最初の夜のあれはなんだったのかと読み終えた今も首をかしげています。そして、それでもやはり上巻のペースはもう少し上がらなかったものかと。
 シリーズのつづきにも(きっと完結編)期待。

| | コメント (0)

« 2021年3月 | トップページ | 2021年5月 »