« やっぱりカーリングが好き | トップページ | スルー推奨 »

ネタバレ注意

 いつもと少し趣の異なる話になります。

 過日、ツイッターで初めてDQIIをクリアしたらしい人の呟きを見た。曰く、「紋継の最終回後の地形がわかりました」とのこと。
 これはものすごくうれしい言葉。力足らずながらどうにかこうにか頑張ってきたことへの大きなご褒美だと思う。
 終盤、僕が個人的に特に力を入れていたのがこういう今進行している物語の世界と後の世界とを繋げることだったから。でもまあ、本筋ではないので本当にちょっと繋がりになりそうな描写を入れただけで、そうなのかもしれないという可能性の提示にとどめてもいる。ともすれば自己満足のようなものでもあるわけだから、あくまで遊びの範疇でしかないともいえる。

 で、そうしたいくつかの遊びの中で、一つ誰にも伝わらないだろうというものがあるので、時もあいたことだし野暮を承知で開示してみようかと思った次第。


 最終決戦となった場所は、DQIIの最終決戦となった城があるあの台地である。長い洞窟を抜けてたどり着く雪に覆われたあそこ。
 最終回に出てきた彼女の墓も、その決戦場の跡地に作られている。
 そこに眠る彼女の魂がささやかながら聖なる力場となり、長き時を経てこの地を訪れた同じ勇者の血を引く末裔達にささやかな安らぎの時を与える祠の基となった。という想定。
 あくまで僕の個人的なイメージというか、そういう可能性があるかもねということで。

|

« やっぱりカーリングが好き | トップページ | スルー推奨 »

たわごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« やっぱりカーリングが好き | トップページ | スルー推奨 »