« 2022年4月 | トップページ | 2022年6月 »

2022年5月

「春ゆきてレトロチカ」

 買いました。遊びました。クリアしました。トロフィーコンプしました。一気呵成でした。堪能しまくった感じです。

 スクウェア・エニックス発売の実写ミステリアドベンチャーゲームです。
 パッケージ版が発売されるゲームは基本的にパッケージで購入する人間なのですが、今回はデジタル版にのみつく予約特典のインタビュー映像が見たかったのでデジタル版を購入。
 ゲームは、おおむね事件が発生するパートの映像を観賞し、その中で提示される謎と手がかりを組み合わせて仮説を作っていく推理パートを経て、仮説を組み合わせて犯人を指摘し追い詰める解決編のパートで構成されている感じです。
 昔PSPで出たトリック×ロジックというゲームの発展型といった感じのシステムです。あちらはノベルゲームで文章を読むことがメインだったのに対し、こちらは映像主導というのが一番の差ではあると思いますが、それ以上に違うのは、あちらが手がかり総当たりで組み合わせるものだったのに対し、こちらは謎と手がかりが一対一で組み合わさるというもの、だいぶ遊びやすくスマートに洗練されています。
 手がかりは自動ですべて手に入るし、仮説も手間さえおしまなければすべてくみ上げられる親切仕様ではあるけれど、それができてもちゃんと考えなければ正解にはたどり着けない、一番肝心なところはプレイヤーの頭で考えなくてはいけない、という解決編のさじ加減は気持ちがよかったです。そんなこんなでぐいぐいひきこまれ、あれよあれよとクリアしてしまいました。

 お話の方はミステリーということもあって、詳しく書くのは憚られる感じなのですが、不老の伝説にまつわる「四十間家」という一族に関わる百年の間に起こった複数の事件の謎を追っていくというもの。
 ええと、これは僕がうっかりしてたのがわるいのですけど、事件が解決しエンドロールが流れた時点で、ひどくもやもやしたものが残ります。あれとかあれとか思わせぶりに出しておいてそのままだし、あの人のあれとかも釈然としないし、何よりあれが投げっぱなしなんだけどって感じで。
 実はタイトルが面に最終章を遊ぶ項目が出ていたのを見落としていました。気づいたのは、「手がかりをすべてボタンを押して入手する」というとり逃したトロフィーを取得するために2週目を遊び始めてしばらくしてからでした。
 最終章で、もやもやのすべては吹き飛び、さらなる驚きを受け、おおいに満足させてもらいました。
 なので、最終章の入り口はもうすこしわかりやすくしていただきたかった(いや、見落とした僕の方がレアな可能性が大きいのだけど)。

 さて、本筋と関係ない話を少し。
 この作品に三宅さん(スクエニのドラクエ関係の部署のとってもえらい人)が役者として出演していて、DQ10プレイヤーにはおなじみかもしれないバーテンダー姿を披露しているのですけど、物語の終盤も終盤のけっこう大事な選択をする場面で、選択肢の一つの画像に大写しになっていて、クライマックスの緊迫した場面にもかかわらず声を出して笑ってしまいました。いや、悪ふざけがすぎるだろ。

 ロストジャッジメントのように実在の役者の姿をそっくりに模した3Dモデルが作れてそれで充分なドラマがつくれる時代に、あえて実写で撮影されたゲーム。下手をすると手間もお金もよけいにかかってるんじゃないかとさえ思えるのですけど、それでも、この作品はこの形でなくてはならなかった、こういうスタイルである意味が充分すぎるほどにあったと声を大にして言える作品です。
 ゲームというものに何を求めるかによって評価が分かれるところもあるとは思うのですけど、多くの人に手に取ってもらいたいと思えるものでした。ただただ単純にミステリとして面白かった。

| | コメント (0)

「LOST JUDGMENT 裁かれざる記憶」

 龍が如くからのながれで、だいぶ前に途中で放り出してそのままになっていた「LOST JUDGMENT」をはじめた。内容を思い出せなかったので、もういちど最初から。
 桐生一馬も春日一番もでてこないけれど、龍が如くと同じ世界を舞台にした探偵八神隆之のシリーズの第二作です。木村拓哉主演のあれです。
 今回は神室町にくわえ伊勢崎異人町も舞台にくわえ、いじめ問題を原因とするとある殺人事件の謎を追うという内容。
 面白かったです。メインストーリーも高校生たちとの交流とともに進んでいくユースドラマと呼ばれるサイドストーリーも大きな破綻なく楽しませてくれて、大満足。というのも、前作のお話が、サスペンスとしてはよかったものの、よくよく考えるとものすごくおおきなひっかかりを覚えるところがあって釈然としなかったというのがあったので身構えていたのですけど、そのあたりは杞憂におわりました。あえていうなら、八神さんの主張が一辺倒で辟易してしまうというのがなくはなかったのだけど、それは作中でもほかの登場人物に指摘されていたところなので、自覚的だったのだろうと飲み込む。
 なんか、木村拓哉が高校生指導してたりボクシングしたりっていうのが、変に面白かったんですけど、これはもう今になって遊んでる僕が悪いです。たまたまなんだけど、プレイ後にドラマのCMとか目にすると笑ったしまいます。
 てなかんじで、一通りクリアをしたわけなのですけど、亜門が倒せません。いや、自分が下手だからって明らかな原因はひとまず置いておいて、あの人ちょっと強すぎません。攻撃の異常さはまあいい、同じ必殺技は二回目からノーダメージになるというのも許……許す。でも、あの回復はいくらなんでも……心折れました。でも、何より許せないのは、こいつを倒せないことで実質トロフィーが三つも取得できないという事実だったりします。
 ともあれ、お話は存分に楽しんだこともあってDLCを購入するかどうかを現在悩み中。

| | コメント (0)

四月に読んだ本2022

 龍が如く極みは、カラオケ950点のおねだりで挫折しました。三回連続940点が出て心が折れました。ニコ超の配信を心置きなく楽しめたので、問題はないです。
 FFオリジンは(本編のみ)クリアしました。例の進行不能の状況は、ムービーをスキップするというPS初期のような方法で回避できました。回避はできたけど、笑えない話だと感じています。
 それはさておき、四月の読書の話です。

9.円城塔「文字渦」

 ゲームばかりしてたからというわけでもないけど、一冊だけです。
 ものすごく久しぶりの円城塔な気がします。当代の作家では五本の指に入る好きな作家なのに。
 文字(多くは漢字)を題材にした短編連作……のような、そうした題材の短編が集まっただけのオムニバス短編集のような、ともすれば長編だったのかもしれない、そんな作品です。と書いてみたものの、おそれく文字にまつわる話と聞いた人の大半が想像するような代物からはかけはなれた内容です。じゃあ何なのかというと、これがとにかく説明しづらい。大づかみすれば、文字というものが誕生して、媒体の変遷による変化していく歴史のようなものを書いていると言えなくもない。書とは三次元的な筆の動きがある二次元平面と交差する軌跡であるとか、コンピュータ上での文字コードの奪い合いのこと(文字化けの理由のひとつ)とか、そういう身近な事柄が不思議な物語になっている感じ。最初の話から、細かい文字が読みづらくなった身には高難易度になる仕掛けを施してくるエンターテインメント性があったりはするのですが、純文学の範疇にはいる……というか、個人的には純文学のど真ん中だろうという気がしています。カバーに描かれたケラかなにかの虫の標本みたいなものがよくよく見れば行構えの文字群だったりするていうのが内容をよく表わしていると思います。
 読み終えるのにひと月近くかかった理由のひとつにはやはり理解しがたい難解さがないではありません。目で追った文章が理解できて腑に落ちるまでに時間がかかる感じで。でも、それは同時に楽しい時間でもあって、それだけ堪能したということでも。
 どう言えばいいのかよくわからないのですけど、とにかく面白かった。たっぷり楽しんだ。そんな感じです。

| | コメント (0)

« 2022年4月 | トップページ | 2022年6月 »