« 五月に読んだ本2022 | トップページ | 六月に読んだ本2022 »

人の言葉は額面通りに受け取る人間だと思ってはいるのだけれど

 最近、とあるネットラジオ的なもので、
 女上司と二人で出張に行き、出張先で告白されて断ったら、後日、男性が出張時にホテルを一部屋しかとらずにベッドを共にしその後告白をしたがセックスが下手だったために断られたという噂が社内で出回った。という話が紹介されていたのを聞いた。
 もし、俺この噂を聞かされたら、「女上司さんは、とりあえず寝てみてその上手下手で恋人を選ぶ人なんだね」と感想を述べてしまう気がするんですけど、どういう意図で噂を流したのでしょうね。出張なんだし、領収書とかでホテルの宿泊状況なんかすぐにわかるだろうし。

 ツイッターで見かけただけで詳しいことは知らない上での感想で申し訳ないのですけど、新潟の美術館で修学旅行中の中学生が作品を破壊したという事件で、破壊された作品の作者がコメントを出し、その内容の寛容さに称賛の声が多数あがっているらしいのですけど。あのコメントって、猿のすることに腹を立ててもしょうがないということではないかと思うのですけど、どうでしょう。そもそも、弁償云々については美術館のお仕事でしょうし、作者の気持ちとは別の話でしょう。個人的には、当事者本人にきっちり請求していただきたいと思っています。美術に対する理解どうこう以前のレベルの問題で、他人のものを破壊するというのがどういうことなのかを理解できないのは、それこそ観光地で食べ物を奪っていく猿と同レベルだと思うから。

 などなど、最近触れてもやもやした話。

|

« 五月に読んだ本2022 | トップページ | 六月に読んだ本2022 »

たわごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 五月に読んだ本2022 | トップページ | 六月に読んだ本2022 »