« 知命となる | トップページ | 十月に読んだ本2023 »

わりとどうでもいいことで悩んでみた

 年に一度の大散財イベントであるジェムカンのライブが今度の週末にせまってきて、今日コンビニでチケットの発券をしてきた。紙のチケットを手にするといよいよ感が強まってきてドキドキします。
 今回のライブはスタンディングやペア割引といった割安チケットを用意したことのバランスをとるように、前二列はプレミアチケットの席となっていて、経済的に手を出せないと早々に諦めたので、3、4、5列目におさまっているのは充分に運のいい方なのじゃないかと。

 などとつらつら書いてきたのだけど、実は本題はそこではなくって、一行目にすでに書いたようにレジでも「チケットの発券を」と口にしたわけなんですよ。でもこれって頭痛が痛い的表現なんじゃないかと気になったという話。
 駅の窓口とかプレイガイドみたいにチケット販売を主な業務にしているところなら、「発券お願いします」だけで通じようと思うのだけど、コンビニだからなとも。仕事としてレアな部類な気がするし。
 スマートな言い方ってないものかしら。

|

« 知命となる | トップページ | 十月に読んだ本2023 »

日常」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 知命となる | トップページ | 十月に読んだ本2023 »