« たぶん見ていないと思うのだけれど | トップページ | ずっと待ってた »

どの道を選ぶのか

 ゲーム配信を専門にしているのではない配信者(というか主にVの人達)が配信でするゲームには、恐ろしく短いスパンで流行り廃りがある感じで、すでにスイカゲームも8番出口もとんと見なくなった。
 そんな中で、最近よく目にするのが「BUCKSHOT ROULETTE」というゲーム。
 簡単にいうとディーラーと一対一でロシアンルーレットをするゲームである。何発かの実弾と空砲が篭められた猟銃の引鉄を交互に引いて先にライフが尽きた方が負けというのが基本。引鉄引くときに銃口を自分に向けるか相手に向けるかを選べるのがポイントで、自分に向けて撃った際に出た弾が空砲だったら続けてもう一度引鉄を引くことができる。ちなみに、篭められる弾は最初に提示されるので、何発の弾があって内幾つが実弾なのかは常にわかっている状況(忘れてしまうこともあるだろうけど)。さらに最初に双方にランダムに配られるアイテムで状況は変化する。
 というのが大まかな内容。運と計算とがいい塩梅で混ざり合っているいいゲームだと思います。

 で、そのゲームを遊んでいる昨夜の長谷みことの配信の最後の状況があまりにすばらしかったので記しておきたく思った次第。
 銃内の弾は二発。一発は実弾で一発は空砲。ライフはお互いに残り1。手持ちのアイテムは、50%の確率でライフが1回復し50%でライフが1減る薬。そんな状況。
 整理すると、自分に向けて銃口を引いて実弾が出れば死に、空砲だったら残った実弾を相手に叩き込んで勝利。相手に向けて引鉄を引けば、実弾が出たら勝ちだが、空砲だったら実弾だけが残った猟銃を相手に渡さなければならない。アイテムを使いライフが回復すれば、たとえ銃を向ける先の選択に失敗してもライフは1残って次のラウンドに突入、状況を先送りにできる。が、50%の確率で死ぬ可能性がある。
 と、どこまで行っても2分の1。
 何を選ぶかですごく性格があらわれる気さえする。
 1時間以上プレイして最後の最後にこのシチュエーションになるってすごいなとも。ていうか、一昨日の配信と合わせてみごとなエンターテイメントだったと感じる。軽い感動すら覚えるレベルだった。

|

« たぶん見ていないと思うのだけれど | トップページ | ずっと待ってた »

じぇむかん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« たぶん見ていないと思うのだけれど | トップページ | ずっと待ってた »